10.撮り馬鹿隊の最近のブログ記事

餃子でお腹を満たした撮り馬鹿隊。やってきました龍譚寺(りゅうたんじ)。ここは女城主井伊直虎のゆかりの地。

龍譚寺の塔と紅梅
龍譚寺の塔と紅梅 梅のコンディションもよくお花の撮影として最高でした。
竹林
竹林 もしも青空だったらと少し残念でした。
庭園にて遊ぶ
庭園にて遊ぶ 苔のうえの花びらが何とも言えない風情です

春を告げるマンサク
春を告げるマンサク レンギョウ、サンシュウユとともに黄色い花が春を告げます

紅梅一輪
紅梅一輪 境内は大変な観光客でにぎわっておりました。

テレビの効果は大きいですね

カワセミ撮影を終えた私たちはパン屋さんでモーニングを食べたのち、浜松市北区に餃子センターを竣工された
仲間の激励にゆくことになりました。
お祝いのお花を買い求めます
お祝いのお花を買い求めます 
浜太郎餃子センター
浜太郎餃子センター いやあ、立派に竣工ですね。11開業なので駐車場で待ちます。
社長に花束を手渡し
社長に花束を手渡し 念願の夢がかないましたね。おめでとうございます。
皆でランチをいただくことにします
皆でランチをいただくことにします 
4人いるので4個餃子を頼みました
4人いるので4個餃子を頼みました 桜海老餃子、チーズ餃子、しそ餃子、赤餃子です。
笑顔のみなさん
笑顔のみなさん

さあ、これからNHK大河ドラマで話題の「あの場所」です。
 

寿司会の後、有志で撮り馬鹿隊を組み、富士山撮影を計画しました。

狙いは①新蒲原の工場夜景と富士山、②富士山須走口でのパール富士でした。
集合場所は望月商会。午前2時半です。私、浜松隊女子部2名と北杜市の藤森さんです。

車を2台にまとめ、私の車には浜松隊女子部とわんこ3匹が乗り込みました。

■新蒲原の工場夜景 午前3時到着です。
イハラケミカルの工場夜景
イハラケミカルの工場夜景と富士山 左側にうっすらと見えています。

■パール富士は不発
ここから、東名新富士インターにゆき御殿場まで高速に乗って須走口へ。でも残念。富士山は雲の中でした。

しかたながないので山中湖へ

■山中湖の富士山
パノラマ台からの富士山
パノラマ台からの富士山 いい感じの空気感なのですが残念なのは頂上付近の雲。

ここから湖畔にくだります

平野でのわんことの記念撮影
山中湖湖畔平野でのわんことの記念撮影 美女2名とわんこ3匹、かわいいですね。

■COCOSでモーニング
参加の皆様
参加の皆様でおいしくモーニングをいただきました。藤森さんはここで離脱。
皆で食べるとおいしいモーニング
皆で食べるとおいしいモーニング 寒さや眠さもふっとぶ楽しさでした

■河口湖の富士山
河口湖大石公園の富士山
河口湖大石公園の富士山 少し頂上に雲がありましたがご愛敬な雰囲気になってきました

わんこ3匹と美女2人の旅、まだつづきます。

精進湖から前進。この日は冷え込んでいたため、もしかすると桂川で川霧が出ているかもと思いました。

桂川への映り込み
桂川への映り込み 川霧は出ていましたが、写真に写すのは難しかったようです。
地上の紅葉
地上の紅葉 霜が降りた大地、わずかに赤味が残った落葉にも霜が降りていました。
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 川霧に光が当たる瞬間を待っていました。
場所を変えて忍野八海
場所を変えて忍野八海 トウモロコシ干場から富士山撮影です。
撮り馬鹿隊、撮影の様子です
撮り馬鹿隊、撮影の様子です それぞれが思い思いの場所で、構図を作ります。

おなかがすいたので朝食の時間です

12月13日はふたご座流星群の日なのですが、平日で撮影ができないことと、天気が悪いため、この日の撮影となりました。

集合は午前2時です。興津に第二次集合場所を設定して4人で撮り馬鹿隊の撮影にいってきました。ただ、精進湖にもう一方待っている方がいて、なんと前日から車で泊まり込んでいらっしゃるようです。

流星は映らず
流星は映らず 午前4時から撮影開始、2名の同僚は撮影に成功しましたが、私は撮影に失敗です。でも、悔いはありません。

長時間露光
長時間露光 18分露光しました。富士山の真上の星がふたご座です。
精進湖の日の出
精進湖の日の出 爽快な気分になります。

周囲が明るくなってきて全員と合流できました。

撮影隊の皆様
撮影隊の皆様 短い睡眠時間と寒さに耐えての撮影でした。気温はー4度くらいだったでしょうか。


夜明けの記念撮影
夜明けの記念撮影 再開を祝して撮影です。

1名離脱しますが、撮影を継続します。
 

撮影隊は快調に撮影目標をクリアしてゆきます。次のターゲットは秋の清里
原村の秋
原村の秋 茅野市から標高1000mの原村を駆け抜けてゆきます。眼下にはカラマツの黄葉が美しい。
清里美し森
清里美し森 標高1500mから富士山が遠望できます。
高原をゆく
高原をゆく 高原の木道を歩く隊長、右隅に富士山が見えました。
ペンションアルビオンの波留美さんとCuckooでランチ
ペンションアルビオンの波留美さんとCuckooでランチ 美し森からペンションアルビオンに電話しました「ランチでいいとこありますか」。Cuckooならご一緒できます。そうですかでは!と小淵沢まで。
Cuckooの気まぐれランチ
Cuckooの気まぐれランチ たくさんの手料理、しかも和食。鱒の塩焼きもおいしかったです。

この後、波留美さんと別れて山中湖に。目指すはダイヤモンド富士。
山中湖
山中湖の長池に三脚を据えて待つことしばし。なんと快晴だった空は一転書き曇りダイヤモンド富士だけ取り逃がしました。

 

意外な展開はなれていますが、すこしびっくりしました。


 

実はfacebookで知り合った。焼津の家具屋さん。多々良社長がアマチュアボウラーなのにパーフェクトを達成したということで、ボウリングを基礎から教えていただくことになりました。幹事は撮り馬鹿隊女子部のポッキー宮澤利枝子さんです。

撮り馬鹿隊ボウリング部
撮り馬鹿隊ボウリング部 初めての試みで藤枝グランドボウルで行われることになりました。

まずはハウスボウルの選び方から教えていただきました
まずはハウスボウルの選び方から教えていただきました。ボウリング場においてあるボウルのことをハウスボウルというそうです(知らなかった)

コーチ内容はこちら動画化してあります。
ボウリングゲームの様子
ボウリングゲームの様子 安定したスコアの戸塚隊長、ストライクだした利枝子さん。

多々良さんはさすがで、2ゲームとも200点越え。しかも、ストライクとスペアがとれなかったの1回だけというプロ並みの実力でした。

楽しい、ボウリング教室でした。
楽しい、ボウリング教室でした。 多々良さんありがとうございます。

 

少しはうまくなったかな

ここで撮り馬鹿隊がなぜ、早朝撮影をするのかについて解説しておきましょう。この朝は静岡午前1時出発でした。浜松の餃子王はそこから逆算して約1時間~1時間半前に出発しているはず。
 

どうやって出発時刻が決まるかというと被写体の撮りたい時刻からの逆算です。日の出が午前5時50分だとすると、その1時間前くらいには到着したい。(日の出前1時間はマジックアワーと言われて美しいから)仮に山中湖到着を午前4時50分だとする。田貫湖からは約1時間だから田貫湖出発が3時50分、到着が3時ころ・・・・。こうやって集合時間が決まるのです。

富士吉田のcocosでモーニングバイキング
富士吉田のcocosでモーニングバイキング 寒い中で撮影をすると腹が減ります。cocosでモーニングバイキング税別で750円。

ここで運転担当の餃子王「どこかで仮眠したいのだが」
そこで鳴沢道の駅ゆらりを提案。ネットで割引券が200円分手に入ります。仮眠椅子もあるので便利

■鳴沢村の蕎麦屋あずまへ
あずまの店長は富士山カメラマンです。
野菜天ぷら蕎麦大盛り
野菜天ぷら蕎麦大盛り 1350円。美味でした。
ソバ屋で情報を得る
ソバ屋で情報を得る この後の撮影についても情報交換です。

さあ、終盤の撮影に向かいます

10月10日の朝は甘利山で迎えました。霧の中、何も見えません。午前5時三脚を回収して撤収しました。
とりあえず、精進湖線から朝霧高原に戻り、セブンイレブンで朝食を食べていたら富士山が見えてきました。

ただ、普通の写真は撮っても意味がないので、富士山五合目まで。黄葉と雲海を狙いに行きました。
富士山6合目まであるいてしまいました
結局、富士山6合目まであるいてしまいました。標高は2500mです。


森林限界
森林限界 はい松の樹林はここまで。

宝永山火口
宝永山火口 富士山の偉大さ、人の小ささがよくわかります。


動画はこちら。雲海の動きをタイムラプスでとらえてみました。
富士山では黄葉が始まっています
富士山では黄葉が始まっています 週末撮りに来ようかな
下山中、シカを見ました
下山中、シカを見ました 人が本来住むことのない世界に行ってきた感じです。

本州で最初に空きが来る場所なのかもしれません。

 

前日から、美ヶ原の駐車場に男子はテント、女子は車中にキャンプしていました。早朝3時に起きだして霧の中登山。撮影的には残念でしたが充実していました。そんな撮り馬鹿隊の活動の記録です。

美ヶ原を行く
美ヶ原を行く 広々として開けた空間がなんともいえません。ここで星空を撮りたかったなあ
塩くれ場の撮影
塩くれ場の撮影 放牧している牛に塩を食べさせる場所が塩くれ場です。そこにあつまる牛を撮影します
美しの塔
美しの塔で記念撮影です。なんで、いまごろ晴れているんだろう。流星群の日なんだから夜中に晴れなきゃいけないじゃん。
わんこ
わんこ 旅行者が連れてきた大型犬。これが2匹もいた。どれだけ食べるんだろう。どうやって車に収まるんだろう(笑い
100名山、王ヶ頭の頂上にて
100名山、王ヶ頭の頂上にて 一応登頂!記念です。夏の思い出だな。
駐車場から登り40分くらいなんだけれど結構、しんどかった。
カップヌードルがうまかった
カップヌードルがうまかった 水は白州道の駅で、南アルプス天然水を採取していました。
キャンプの食事津風景
キャンプの食事津風景 左が男子用テントです。こういう食事って本当においしく思い出に残ります

この日は振り返るとめちゃくちゃな日程。早朝山中湖から撮影帰り、午後から藤枝でセミナーの仕事、引き返してきて、午後5時に短パン王子と集合して安倍川花火。毎年は迎えの徳願寺山から撮影しているのですが午後5時だとさすがに交通規制がきつく、山に到達できないので、仲間の松岡カッターさんに頼んで初めての桟敷席です。

デジタルスターマイン~
デジタルスターマイン~のお姉さん 岸好子さん 独特の抑揚がなんともいえず静岡の風物詩になっております。

松岡カッターさん
松岡カッターさん 桟敷席をご用意ただきありがとうございます。
桟敷席の布陣
桟敷席の布陣 松岡夫婦、短パン王子、私、山梨のイケメン家族、クレオパトラVの9人

すでに撮影前によっぱらっております、環境というものは非常に人間に影響を与えます。
ブルーモーメントの打ち上げ開始
ブルーモーメントの打ち上げ開始 久しぶりに美しい青い空に打ちあがる花火を見ました。

この山の頂上に撮り馬鹿隊3名が布陣しているはず。安倍川を挟んで撮影です。
 

御殿場市に二岡神社という神社があり、ヒメボタルが発生するというのでここ数年毎年、懲りずに撮影に行っています。なかなかうまく撮れません。
おまけにヒメボタル深夜性の蛍で午後10時ころから出始めて、0時ころまでがピーク。

山梨に仕事があったので、移動を兼ねて下道をたどり御殿場へ、その足で、山中湖で車中泊して仕事に向かうことにしました。
パートナーは餃子王です。一度、餃子王の会社でコンサルして、仕事の後に撮影の打ち合わせを軽くして、一度、私は会社に帰り仕事をしたのちにうかがいました。
ヒメボタルの舞
ヒメボタルの舞 まだまだ撮影技術が未熟で申し訳ないが、だんだんと理解が進んできました。
木霊の森
木霊の森 森に漂うの精霊のような光の玉。これがヒメボタルです。ゲンジボタルのようの軌跡を描きません。

長時間露光をすると時間があっというま、2カットしか撮れませんでした。

 

6/12 可睡ゆりの園の撮影に行ったおり、人との会話も楽しんできました。
音符のような落ち葉との対話
音符のような落ち葉との対話 不思議な流線型に魅せられました。
人が撮っている場所に人は集まる
人が撮っている場所に人は集まる うまいか下手かは別として、誰かが撮っていると人は寄ってくる。
ある家族の肖像
ある家族の肖像 かわいい赤ちゃんだったので、家族写真お撮りしましょうかと声掛けしました。OK、ブログ掲載もOK。
写真を送って差し上げて喜ばれました。
トウモロコシ売りのわんこ
トウモロコシ売りのわんこ 会場を去るときに、父母の土産にトウモロコシ(甘々娘)を1農家の方から1000円で8本買いました。ものすごく甘いトウモロコシで大正解.わんこも撮影させていただきました。

渋滞にはまったので、帰宅が遅れ、母が心配しておりました。

白川郷からの帰路の話です。午前7時半。私は少しずつ静岡に帰る準備をしました。まずは荘川を目指し、疲れをいやすために温泉に入る予定でした。荘川は意外に早く8時過ぎにつきました。お風呂(温泉)は10時まで飽きませんから、道の駅で買い物をしたり、仮眠したりです。
荘川までの間に御母衣ダムの脇を通り過ぎました。


お風呂は温泉かけ流し、気持ちよかったです。荘川は蕎麦の里でも有名なのでそばをいただいて帰ります。
蕎麦と飛騨牛のそぼろ丼
蕎麦と飛騨牛のそぼろ丼でランチをいただきました。さあ、再び静岡に向かってかえります。
天然水の採水
天然水の採水 三谷天然水、標高1010m国道158f号線上の名水です。
三田に天然水をくんで帰る
三田に天然水をくんで帰る ここから高速道路の下を、高山を目指して走ります。高山市街で給油して、さらに、美濃加茂を目指します。
道の駅、なぎさのアップルアイス
道の駅、なぎさのアップルアイス この日は暑かった。そこで道の駅でアップルアイスを購入して英気を養って美濃加茂まで。

美濃加茂から高速道路に乗り、豊田ICで新東名に乗り換え、静岡まで帰りました。途中掛川駅でパトカーを複数台みました。
ICの上り車線に隠れて、スピード違反を取り締まっています。

無事静岡に帰ってきました

 

茶畑の撮影を終えて、おかかえ茶園かねぶんの生産工場見学です。
奥様にお茶の入れ方をコーチしていただきました
奥様にお茶の入れ方をコーチしていただきました その茶がらをつかった惣菜。しらすと敢えてポン酢。
これが絶妙にうまいのです。
撮り馬鹿女子たちも大満足でした
撮り馬鹿女子たちも大満足でした カメラ談議になっています。
坂を下り荒茶の生産工場へ
坂を下り荒茶の生産工場へ 社長が荒茶の生産をしていました。蒸しの工程


荒茶の生産工程の動画をどうぞ
荒茶の乾燥工程
荒茶の揉み工程です。まず蒸して、乾燥、揉みを行い茶商に売り出すまでの荒茶ができあがります。

生産工場見学を終えたのが12時。おなかがすいていました。
清水の河岸の市で食事
清水の河岸の市で食事 本命のいそきちが20人待ち。そこで隣のくま吉。私はハーフ丼でした。これでも食べ終わって2時半でした。

ここから、小島両河内のやませみの湯に行き、温泉を堪能したのちに帰路につきました。
 

早朝1時から活動している撮り馬鹿隊。中も減ってきます。そこで、塩山のそば丸へご案内します。
そば丸・穴子天丼セット
そば丸・穴子天丼セット これがお勧め。1100円。大盛り350円増し。
甲州名物鳥もつ煮
甲州名物鳥もつ煮 正直いままでたべた鳥もつ煮のなかでナンバーワンでしょう

食う前に撮れ!
食う前に撮れ! これが掟。隣のお姉さんにも笑われていました。でも、こうしてみると疲労は隠せない様子です。

英気を養って再び前進です
慈雲寺のしだれ桜
慈雲寺のしだれ桜 ちょっと遅かった感じですが、今年もあえて光栄でした。
執念の撮影
執念の撮影 空が濁って悲しいですが。諦めません。撮るまでは。
慈雲寺の菜の花と桜
慈雲寺の菜の花と桜 撮っていたのはこの風景

さあ、まだあるぞ

撮り馬鹿隊では山中湖と河口湖の花火を撮りに行こうという話になっていました。しかし、週末の悪天候でかなえられずでした。
金曜日、山中湖村に電話をかけると「悪天候で土曜日の花火は中止。日曜日にやります」とのこと。
日曜日は天気がよさそうなので出かけることに。

午前4時に起床した私は短パン王子を清水にピックアップ。午前6時集合場所のコンビニへ。しかし、天候は回復せず。そこで隊長+ポッキー女史号と二台で富士市の岩本山へ。ここでも天候が回復せず。モーニングを食べに一度富士市市街地まで。

モーニングもあいておらず、朝ラーということになりました。

富士市で朝ラー
富士市で朝ラー 晴れ予報にもかかわらず、富士山の御機嫌が悪いので、機嫌が直るまで朝食。朝ラーとなりました。
チャーシューメン780円
チャーシューメン780円 まずまずでした。
この後、岩本山→冨士吉田(新倉山)と回ってここでランチです

奥藤
花火に関する撮影技術講座。花火が苦手なポッキー女史へのレクチャーが始まりました
鳥もつ煮丼
奥藤 鳥もつ煮丼900円。 今日のチョイスはこれだと決めていました。
漬物
奥藤の漬物が美味しかったです。
山中湖で請井さんと合流
山中湖で浜太郎@請井さんと合流 さあ、本格的な撮影の始まりです

さあ。どうなりますか
 

2/6 sutは短パン王子と撮影に出ました。実はこれは、白川郷ライトアップに来れない王子の慰撫のため。日曜日が我々、撮り馬鹿隊にとって大本命だったのです。

午前4時起床。ランニングして、午前5時に静岡出発。午前6時藤枝に隊長を迎えに行く。
下道を走り午前7時過ぎに浜松着。セブンイレブンで朝食を食べて集合時間7時半前に東亜工業駐車場に。

ここで餃子王と箱屋さんと合流、車を1台にまとめて白川郷に。

白川郷のインターチェンジが午前11時ころ。ケーサツの人形がたっています。しかし、近寄ると(汗
本物だった!

シートベルトの確認をしているのです。このとき、我々全員はシートベルトをしていたのでセーフ!。
後ろの車がつかまりました(滝汗;

撮り馬鹿隊白川郷ライトアップ撮影隊
撮り馬鹿隊白川郷ライトアップ撮影隊 ここで当初からの課題は駐車場。下に止めても午後3時には追い出される。上の駐車場にとめるとシャトルバスに乗らなくてはならない。このシャトルバス待ちが1時間とか。寒空にしかも帰りにこれは嫌だなと思っていました。

白川郷(お昼頃)
白川郷(お昼頃) そうこうしていると蕎麦屋さんの誘導係が「お客さん、食事してくれたらうちに1日止めてくださってOKです」即決でした。
そこで蕎麦屋さんに車を止めて、いったん、場所取りのために崖の上に三脚をおきにゆきました。
蕎麦と飛騨牛丼のランチ2,300円
蕎麦と飛騨牛丼のランチ2,300円 多少高い気もしますが、駐車場と帰りの利便性を重視。無論、美味しいです。
白川郷散策
白川郷散策 暗くなる前に白川郷のなかを歩いておき、夜景の撮影スポットをマーキングしておきます。
おやつの御汁粉
おやつの御汁粉 1万歩以上歩きました。お腹がすくので、お汁粉を、これが大正解。なぜなら、このあと夕飯難民となるからです。

万全の準備でのぞみます
万全の準備でのぞみます さあ、撮り馬鹿隊の撮影は成功するでしょうか。

三脚の足の下をのぞいてください。高低差がわかります。

高ボッチという場所がある。場所は長野県塩尻市にある1660mの御山。その御山から諏訪湖が眼下に見渡せる。
もっというと、富士山もみえる。その絶景にいどむこと過去2度、2度とも晴天にも関わらず富士山の撮影に失敗している。なぜなら、諏訪湖だけ晴れていてもだめ、甲府盆地、富士山周辺まですべて晴れていないと富士山は撮れない。

問題はもう一つある、それは雪。いつもなら11月まで閉山となる。しかし、今年は12月まで雪が降らず道が空いているという。念のために塩尻市に確認するとそうだという。翌週は雪が降るかもしれない。これが最後のチャンスゆえ挑戦してみることにした。

撮り馬鹿隊に募ると2名の参加者がいた。狙いは1/10だったから1/09の午後7時に集合とした。それぞれ仕事があったから。

精進湖の富士山
精進湖の富士山 1月9日は快晴だった。しかし夕刻から雲が多くなって富士山を隠してしまった。静岡→富士→富士宮とだめで、朝霧でやっと富士山が見えた。続く本栖湖はだめ。甲府に下る最後のポイントで富士山とオリオン座+冬の大三角形を撮影した。

途中撮影しながらいったから塩尻着が午後11時、食事をしてホテルにチェックインが11時半。風呂入って寝て12時過ぎ。
起床は午前3時。3人で1万円のホテル。どんなかと思ったけれど駅前の普通のホテルだった。

氷点下7度の撮影
氷点下7度の撮影でカメラ、レンズ、三脚も凍る。

車も凍る
車も凍る 雪の結晶のように綺麗だった。

カップヌードルが美味いと思えるとき
カップヌードルが美味いと思えるとき 早朝撮影の朝食。美味い!

さあ、3人の旅が始まります。
 

本当は伊豆半島から富士山を狙うはずでしたが、朝起きてみると静岡県は雲が多く富士山が撮影できそうもありません。
インターネット検索すると富士山北麓は雲がない様子。ここで急きょ予定変更して国道139号線沿いを攻めることにしました。

しかし、本栖湖にいってみると満員御礼。どうやらダイヤモンド冨士狙いの方々のご様子。ダイヤモンド冨士はいつでも撮れるし、ダイヤモンド冨士狙いの方は目が血走っている可能性が高いので敬遠して精進湖へ。
精進湖満天の星空
精進湖満天の星空 空一面が星空でした。


精進湖の長時間露光
精進湖の長時間露光(バルブ撮影) 画質をよくするために思い切り絞ってみました

  1. Nikon D800 Nikkor 28mm f2.8
  2. F11.ISO100,20分
  3. 三脚、レリーズ,RAW

ここで、田貫湖へまわります。
未明の精進湖
未明の田貫湖 逆さ富士になっていました。大概日の出前は湖面が静かで逆さ富士が見られます

田貫湖の目覚め
田貫湖の目覚め 斜光を浴びて足が真っ赤に染まりました。
元気がはつらつ鳥馬鹿隊
元気がはつらつ撮り馬鹿隊 2時起きにもめげず今日も頑張りました

いい撮影ができて良かったです。

某土曜日、快晴の予報でしたか、静岡かから遠征で八ヶ岳美し森からの富士山を撮影にゆきました。
標高1542m美し森からの富士山と甲府盆地夜景
標高1542m美し森からの富士山と甲府盆地夜景 到着時上空に雲が多く心配したのですが、おかげ様で無事撮影に成功しました。

  1. Nikon D810 /Nikkor 85mm f1.4G
  2. ISO100 F11 60S
  3. RAW /三脚/レリーズ

標高が高いとはいえ光害が酷いので(甲府盆地の灯りが明るすぎる)、感度を下げて撮影です
まどろみの朝
まどろみの朝 まだ人が眠っているとき美しい朝焼けが甲府盆地を染めていました。
朝焼け雲
朝焼け雲 左から日昇です。雲が赤く染まり始めました。
輝く木道
輝く木道 氷点下1度。木道にはうっすら霜がおりていました。朝日に照らされて綺麗です
美し森、撮り馬鹿隊
美し森、撮り馬鹿隊 もう一人のメンバーは睡眠時間2時間でかけつけてきました。
ダイヤモンドダスト
ダイヤモンドダスト きらきらと綺麗でした。感激です。

ダイヤモンドダストの動画です

2時出発、11時帰宅。片道3.5時間の旅でした。
 

homepage_bnr.gif

最近のコメント

  • 中小企業診断士加藤忠宏: そうですか。パン派な 続きを読む
  • 中小企業診断士加藤忠宏: おはようございます 続きを読む
  • 中小企業診断士加藤忠宏: ぜひまわってみてくだ 続きを読む
  • 吉野聡建築設計室: おはようございます♪ 続きを読む
  • みんなニコニコ医療食のよっしー: こんばんは! テレビ 続きを読む
  • モルタルマジック: こんにちは! 大河見 続きを読む
  • 中小企業診断士加藤忠宏: おはようございます。 続きを読む
  • 吉野聡建築設計室: おはようございます。 続きを読む
  • 中小企業診断士加藤忠宏: 素晴らしいご活躍です 続きを読む
  • 吉野聡建築設計室: おはようございます。 続きを読む

ウェブページ