03.富士山撮影の最近のブログ記事

由比の薩た峠で富士山を撮った後、そのままかえらずバイパスにのり、安倍川下流の山、徳願寺で河津さくら越しの富士山を狙いました。

満開の河津桜と富士山
満開の河津桜と富士山 気持ちの良い撮影ができました。満開の終盤といったところでしょうが今年も撮れて満足です
徳願寺からの富士山
徳願寺からの富士山 横構図にするとこんな感じです。
円山ピークで菜の花越しに富士山
円山ピークで菜の花越しに富士山を撮影しました。
メジロ君です
河津さくらとメジロ君です。

久しぶりに富士山の抜けもよく気持ちよい撮影ができました。

興津桜は1月中旬から咲き始めて2月上旬に終わります。ただ1本だけ遅咲きがあるのを知っていたので、富士山がきれいな日に取にいってっきました。
快晴の駿河湾と興津桜
快晴の駿河湾と興津桜 そう、この1枚が昨年は撮影できなかったのです。だから1年越しに撮影に来ました。。

たった一枚のために手間をかけました。ただ、もったいないので、もう1か所まわることにします

仕事富士市に向かいつつ、宗清寺/岩本山で梅林と富士山を撮ってきました。
■宗清寺 富士川駅の北側にある斜面にある寺。墓の石段を上り詰めると梅林があります。
宗清寺の梅林
宗清寺の梅林 水仙とからめて撮影しました。
富士川梅林
富士川梅林 撮影者は私のほか2名だけ。青空に白梅がきれいでした。

■岩本山 最近、撮影禁止ロープができてすごく撮影しにくくなりました。
梅林越しの富士山
梅林越しの富士山 ゴルフ場のネットも残念です。

ロウバイ
ロウバイ 今年初めて撮影しました。青と黄色が補色関係で美しい

来年は岩本山にくるのやめようかなと思った次第です。

 

この日、河口湖の花火が最終目標でした。その前に山中湖のダイヤモンド富士と冬花火を撮ろうと2時半ころから粘ったのですが雲が回りました。そこで、早めに河口湖に移動。駐車場が満杯なの少し歩いた場所にある無料駐車場に止めて、餃子王との合流を待ちます。

餃子王到着。そして午後8時。20分間の花火開始です。

富士山花火は満月に限る
富士山花火は満月に限る なぜ、この日なのか。それは簡単。満月だから。花火は明るすぎるから暗く撮影する。そうすると暗い富士山は黒くつぶれて闇に沈んでしまう。このため、満月に煌々と照らされた富士山であれば花火に負けないというわけです。
河口の冬花火
河口の冬花火 1月後半の撮影でおおよそどこから打ちあがるのか、どの高さになるのかがわかっていました。
冬の夜を彩る
冬の夜を彩る 20分ですが集中するとあっという間です。

餃子王は、到着したばかりなので、まだ深夜の撮影を続行したそうです。さらに「明日、白川郷にゆかない?」などと素敵なことをおっしゃいます。(笑
敬光堂さんも自分も早朝3時集合して以来、撮影しっぱなしで体力よりも精神力の終盤にきています。「頑張ってください」といって別れました。






 

裾野→須走→パノラマ台→花の都公園とまわってて午前7時半ごろ忍野八海に到着です。
 

一面の雪景色
そこは一面の雪景色でした。真っ白な世界は美しい。
忍野八海雪景色
忍野八海雪景色 春には桜が咲く場所、またの出会いが楽しみです。
記念撮影をさせていただきました
記念撮影をさせていただきました なんだかワクワクする旅です。
忍野忍びの里
忍野忍びの里 おなじみ忍野忍びの里、川霧の美しい世界です。
白銀の世界
白銀と紺碧の世界 気持ちの良い撮影ができました。

COCOSでモーニング
COCOSでモーニング この後、鳴沢行きを計画しましたが事故渋滞らしく引き返してきて、石割の湯にピットイン、仮眠するなどして気持ちよい時間を過ごしました。

まだ続く

 

無事に裾野の雪道を着る抜けた私たちは、今度は雪道を上り、神奈川県側から峠を越えて山中湖方面へ。

月光とパノラマ台
月光とパノラマ台 須走口では山に隠れた月も南に富士山を見下ろすパノラマ台では西側に満月が残っていました。

紅富士
紅富士 美しい紅富士を得ました。

ここでパノラマ台を捨て、花の都公園です。
霧氷
霧氷 予想通り、霧氷がいました。朝日が当たる時間まで30分待って撮影です。
雪の華
雪の華 繊細な自然が描く形状です
TANTOガピガピ
TANTOガピガピ 雪道走行のタント、汚れや雪がこびりついて悲惨です(嗚呼)


順調に撮影スケジュールを消化しています。次は・・・

2月11日 建国記念日、土曜日でした。早朝撮影に出ました。最初の計画を書きます。

  • 午前3時集合、スタッドレスのタイヤを履く私の車に乗り換える。
  • 午前5時30分 須走口でパール富士(満月が富士山頂にしずむ)
  • 午前6時30分 山中湖パノラマ台で早朝撮影
  • 午前7時30分 花の都公園で霧氷と富士山
  • 午前8時30分 忍野八海で川霧と富士山
  • 午後4時20分 山中湖でダイヤモンド富士
  • 午後6時 山中湖キャンドルサービスと花火
  • 午後8時 河口湖で花火撮影

と欲張った撮影計画でした。参加は私と敬光堂戸塚氏、河口湖に餃子王が参加ということです。

国道1号線から裾野に進入したところから、雪道になりました。下道で来たことは結果として正解で新東名は沼津長泉-御殿場間で立ち往生でした。
戸塚氏撮影
戸塚氏撮影 運転は私です、雪なので慎重に。エンジンブレーキなどを駆使しつつ走ります。
深夜の雪景色
深夜の雪景色 どこかで撮ろうということで、裾野の子供の国あたりで1枚。

この後、峠道で、両側に6台ほど事故った車とパトカーが止まっていました。2組の事故で両方がふさがっていて、しかも雪。
おまわりさんに「ぶつけないように気を付けてください」といわれつつ、真ん中をそろそろ。

午後6時過ぎ須走
午後6時過ぎ須走 パール富士になんとか間に合いました。慎重に歩みを進めていたので遅くなったのでした。
富士山山頂に満月沈む(パール富士)
富士山山頂に満月沈む(パール富士) 彩雲がかすかに見えます。

旅は始まったばかりです。
 

松崎町雲見から荒々しい海越しの富士山が撮影できます。
雲見から夜景と富士山
雲見から夜景と富士山 荒々しい岩礁地帯をから遠く駿河湾を経て沼津市の夜景が見えます。
雲見からの朝焼け
雲見からの朝焼け 雲が伊豆半島を覆っていましたが鮮やかな朝焼けを得ました。
雲見海岸からの朝焼け
雲見海岸からの朝焼けと波。 押し寄せる波に恐ろしさを覚えました。
海抜0mからの富士山
海抜0mからの富士山 奇岩ごしに富士山を撮影しました。足が波に濡れないか心配でしたが無事撮影できました。

初めての場所での撮影は新鮮でした。

土曜日の早朝起きだして、薩埵峠(さったとうげ)にいって富士山撮影

出港
出港 しらす漁の船でしょうか。遠くに朝焼けが近づいています。この場所は撮影者が少なく、先着の方が1名様だけでした。

未明の光跡
未明の光跡 薩埵峠展望台の風景、10名程度が頑張っておられるので、一段下で撮影。
朝焼けを浴びた興津桜
朝焼けを浴びた興津桜と富士山 ピンク色が鮮やかに出ました。この場所は私だけの撮影でした。

撮影場所によっては人気の出方が違います。

午前10時半に無料駐車場にピットインした私は、取りあえず場所取りに成功しました。富士山もご機嫌がよろしいようで。このままゆけば撮影に成功しそう。
問題は花火の上がる時間までまだ10時間ちかくあること。午後8時までずいぶん長い。とりあえず、自動車の中で仮眠することに。

午後11時ころにふと思い立ち、車を無料駐車場において徒歩で酒蔵の甲斐の開運へ、でも、目的の酒が好評で売り切れらしく、次の腹ごしらえのために「しなそばけん」へ。次に夜食を買いにスーパーへ。

帰ってきたのが午後1時、まだ、8時まで長いなあ~

河口湖夜景
河口湖夜景 午後4時半ごろの風景。いよいよ暗くなってきました。でも、寒いので、車の中でじっと8時を待ちます。
駐車場は満杯、第二も満杯のようでした。駐車場の前に縦列駐車する車、パトカーの出動もあって、ものものしい雰囲気になってきました。

河口湖冬花火
河口湖冬花火 


以前撮影した動画と位置関係の違いを見比べてみてください
撮影終了午後8時20分。河口湖→西湖→鳴沢→青木ヶ原→朝霧高原→富士宮→富士→国道1号で家に帰ったのが午後11時でした。

 

1月末の土曜日、一人で山梨県に富士山撮影に出ました。皆さま日曜日が休みなのと繁盛されているので1人ででることに。

午前2時に起きだして、朝霧→青木ヶ原樹海経由で鳴沢に進入。この際、このルート(山梨県道71号線)で雪に降られました。しかし、富士山をみると山中湖方面が相手そうな状態だったので、取りあえず山中湖までいってダメなら引き返せばよいと思ったのでした。

山中湖、早朝の紅富士
山中湖、早朝の紅富士 山中湖の無料駐車場で様子を見たのですが富士山山頂は雲の中。帰ろうかと思ったとき、雲が動き始めました。
かねてからのポジションに移動、紅富士ゲットです。

ここから、花の都公園へ移動しましたが、いい写真が撮れそうになかったので3度目の忍野八海へ
雪雲をかぶった富士山とトウモロコシ干場
雪雲をかぶった富士山とトウモロコシ干場 快晴の予報なので雪はそのうちに飛ぶと思いました。
河口湖からの富士山
河口湖からの富士山 いよいよ、富士山山頂の雲がなくなってきました。

さあ、夜の撮影に備えて無料駐車場を取るために場所取りです。
 

再び、川霧と霧氷、紅富士を求めて忍野八海へ行ってきました。

今回は場所を変えての撮影です
撮影場所1 忍野しのびの里 ここは川霧の定番ですね。
紅富士
紅富士 強風に富士山頂の雲が流されて紅色に染まりました。美し~

ここで場所を代えます。

忍野八海、ソバ屋びわ付近
忍野八海、ソバ屋びわ付近 ソバ屋のびわという店の奥にこの撮影場所があります。コンビニで買い物をして車を止めてここまで歩きました。
霧氷
霧氷 川霧が木の枝について霧氷ができています、そこに太陽が当たってなんともいえない風景を作ります。

古民家を覆う川霧
古民家を覆う川霧 もうもうたる川霧が立ち上ります。泉から湧き出す水温と氷点下の空気の寒暖の差なのでしょう。


動画をどうぞ

今日も美しい風景を撮影できました。

仕事帰りに、中央道経由でもどってきて、花の都公園ダイヤモンド富士、山中湖残照を撮影しました。

安全運転を心がけていたら、ギリギリの時間になりました。

■花の都公園のダイヤモンド富士
花の都公園ダイヤモンド富士
花の都公園ダイヤモンド富士 みなさんなぜか、平板な撮影場所に三脚を立てておられますが、私は木立を左に配置しての撮影です。
実はこれ、早朝に霧氷を撮影した場所ですね。

■山中湖残照
撮影後、山中湖によることにしました。平野地区です。撮影者はほとんど見当たりません。
山中湖残照
山中湖残照 花の都公園では富士山頂に落日でしたが。ここでは富士山東側(左)への落日であるため、残照が残っていました。
しかし、なかなか良い撮影場所がなくあきらめかけた時に・・・

係留場残照
係留場残照 良い場所と直感して車を止めて、長靴履いて雪のなかへ。でも意外に難しい構図なんです。
 

やっと構図を決めたとき。波も収まってきて、気持ちよい撮影となりました。
 

県外出張おりに、忍野八海,花の都公園の撮影を計画しようと思いました。ルート上にあるので。

計画どおり、富士宮から鳴沢に抜ける県道71号の温度計を見て「-17度」。自分は間違いだと思いました。でも、道路は凍結していましたので氷点下は確信していました。

午前6時まだ暗い、忍野八海の到着。撮影の準備をしていると、隣の人が寒暖計をもっているらしく「-16度」といっていました。

忍野八海の霧氷川霧、紅富士
忍野八海の霧氷川霧、紅富士 なかなか山頂の雲がとれずにやきもきしましたが何とか撮れました。

この場所は3回目くらいですがやっと川霧もきれいに撮れました

忍野紅富士
忍野紅富士 霧氷に浮かび上がる紅富士、冬ならではの風景です
ここから15分程度の花の都公園に移動。期すべき写真がありました

花の都公園霧氷
花の都公園霧氷 時刻は午前7時15分。そろそろでないと、仕事先到着がギリギリになりますのででます。

霧氷に光が当たっている写真が撮りたかったが、それはまたの宿題とします。

沼津市内浦湾からの夜景と富士山リベンジしました。理由は前回の撮影に納得できなかったから。写真家はその点、執念深いといえます。
午前4時15分に家を出て、沼津市の伊豆の西海岸線をひたすら南下。淡島をとおりすぎて内浦地区にいたり。進路を山側に。

縦列駐車して、15分ほど山城跡を登山します。これが結構きつい。今回はすでに先着が2名いて、一人は富山ナンバー、もうひとりが八王子ナンバーでした。八王子ナンバーは納得できるとしても、富山ナンバーはすごい。

内浦湾夜景と富士山
内浦湾夜景と富士山 正直上ってくるときに凄く不安でした。理由は雲が多かったから。ここまで早起きしてきて、登山までして富士山が撮影できなかったら悲しすぎます。案の定、登山を終えた直後に富山からいらした方に聞くと「見えないですよ」とのこと。

しかし、三脚やカメラ、レンズ、レリーズをセッティングしてシャッターを何回か切ったころに富士山が姿を現しました。
漁船の灯りと工場夜景、黎明の富士山
漁船の灯りと工場夜景、黎明の富士山 内浦湾から漁船が出港してゆきます。その向こうに沼津市の夜景が見えます。
紅富士前
紅富士直前の富士山です。
紅富士
紅富士 紅富士となりましたが雲が思ったより焼けませんでした。残念。
あさまだき
あさまだき この場所はここまでご覧いただいたように夜景でないといまひとつの場所です。これはふもとっぱらもそうですが。

山を下るころは周囲はかなり明るくなっていました。

ふもとっぱらをAM06:20を脱出したわれわれは、139号線を一路北上。

170102asagir_fire.jpg
焔たつごとし 真っ赤な夕焼け(二度焼け)です、めずらしいので車を駐車場に止めて、再度撮影。

車はさらに北上して本栖ハイランドにINします。意外に観客が少ない。楽に三脚を立てることに成功しました。
ダイヤモンド富士と彩雲
ダイヤモンド富士と彩雲 到着当初は綺麗に見えていた富士山は1時間前くらいから雲に通過されることがおおくなっていましたが
逆に彩雲のチャンスと思っていました。

彩雲
彩雲 自分はチャンスありと思っていましたが他の方はどうだったでしょうか。

撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 浜松隊はほとんど寝ていなかったとか。

お疲れ様でした。

 

2017年初の撮り馬鹿隊。139号線方面に出撃と相成りました。
■交通規制
静岡市を1月2日の午前2時半に出発。順調に富士を通過直後に139号線通行止めの標識。あとでわかったのですが、スポーツカーにのった30歳の調理師がフェンスに100mにわたって激突する事故があったそうです。むろん調理師の方は死亡。
そのため、139号線のう回路をたどり、再び規制外の139号線に合流、今度はシカが死んでいました(汗;

■ふもとっぱら
といいながらも午前3時代にふもとっぱらに到着。ここは長渕剛もコンサートをやったキャンプ場です。
ふもとっぱら夜景
ふもとっぱら夜景 ISO4000/f8/8秒 Nikon D810  Niikor 16mm f2.8で撮影。最初は流星撮りのモードでした。レンズはフィッシュアイ(魚眼レンズ)

未明
未明 空の色が群青色になり、山野端に朝焼けが現れます。この時間帯から撮影モードを変えて
ISO100 f14 3分と低感度モード。やはり画質がきれいで発色も安定します。

朝焼けのとき
朝焼けのとき 紅蓮の朝焼けを得ました。湖面にも映り込んで素敵だ。RAW撮影しておくと、写真データのなかに潜んでいる色彩の成分を引き出してくれます。

流星が撮れなくても満足でした。

さあ、次の撮影に向かおう。

12月30日、富士山を近場で撮影したくて日本平にゆきました。快晴予報だったし、かつ、起きてみると実際に星が近く見える。なんの疑いもなく運転して日本平ホテルの庭園へ。

ほとんど頂上しかみれなかった富士山
ほとんど頂上しかみれなかった富士山 信じられないことに富士山が撮影できない。伊豆から伸びた大きな雲が富士山を隠してしまっている。
山中湖、河口湖、朝霧高原はみているにでした。そうであるならばであったのですが、後悔先に立たずです。
大晦日の夜景
大晦日の夜景 良く12月31日、前日の雪辱を注ぐためにもう一度同じ場所。撮影の前にランニングしていて雲が低いところにないことを確認してきました。

すでに1人先着がいらしていて、会話します。その方曰く「富士山がみえないのですよ」「どのあたりですか?」神奈川県相模原市からいらしたかたで、「港の夜景の左上です」とこたえました、不安を覚えながらISO感度を100に下げて撮影します。これ、夜景越しの富士山を撮るときの鉄則です。

写っていました。横の彼に「ISO感度を100に下げて撮影してください」と助言しました。
港夜景と富士山
港夜景と富士山 富士山の姿が明確になってきましたので、レンズを35㎜から105mmの望遠レンズに取り換えて撮影です。
紅富士
紅富士 雲が伊豆方面に多いので日の出の光が届きにくかった。でも、7時少し前に紅富士を得ました。

縁起良く年が越せそうです。

 

近くに立ち寄ったので沼津市の内浦湾で夜景と富士山を撮影してきました。
内浦湾夜景
内浦湾夜景 ここは結構撮影が難しい場所です。理由は海を挟んだ撮影であること。目の前に強い夜景があること。
富士山が負けちゃうのです。だから冬の寒い時期限定の風景。

満月の応援があるとよかったですが、新月に近い三日月でした。それと、用事があったので到着が遅れたのも残念でした。

Nikon D810 /Nikkor 35mm f2 /f11 ISO400 90s RAW  WB=AUTO
 

河口湖で所用で立ち寄りました。その折に撮影した富士山です。この前後の日は悪天候が長期天気予報で出ていたため、ラッキーでした。

■夕焼け
御坂峠からの富士山と夕焼け
御坂峠からの富士山と夕焼け 御坂峠通過中に夕焼けの気配でしたから、途中の展望台から撮影しました。
産ケ崎、残照
産屋ケ崎、残照 駆けつけた時はやや遅く、少しがっかりしましたがきれいな残照が残り救われました。

■早朝の吊るし雲
早朝ランニングをしているときに暗闇に浮かぶ富士山と吊るし雲を見ました。吊るし雲は雨の予兆です。
河口湖未明
河口湖未明 夜明け前、雲が西から東に激しく動く中、富士山の東側に大きな吊るし雲があります。
朝焼けの湖畔
朝焼けの湖畔 朝焼けは雨の予兆。そして、湖面は波立ち本来逆さ富士が撮影するこの場所でも難しい状況です。

朝焼けの湖畔

本焼けの直前、大きな雲に富士山が覆われたため、一度諦めて三脚をしまいましたが。再度、富士山が見えたので撮影できました。

天候の変わり目に素敵な撮影ができました。

標高1542mの美し森から、標高1200mのまきば公園まで降りてきて、早朝最後の撮影をしようと思いました。
八ヶ岳のモルゲンロート
八ヶ岳のモルゲンロート 背後で八ヶ岳がきれいに焼けました。
冬枯れのまきば公園からの富士山
冬枯れのまきば公園からの富士山 オレンジ色の空に綺麗に浮かび上がっています。

早朝に良い撮影ができると気分がいいです。
 

早朝4時に起きだして、清里の八ヶ岳中腹にある美しが森にいってきました。長期予報では雨、短期予報では曇りでしたが予報が変わり快晴でした。
富士山と北岳
富士山と北岳 富士山左と日本で二位の山北岳(右)です、夜景は韮崎や甲府の夜景です。
北斗七星のある風景
北斗七星のある風景 立木のうえに北斗七星が輝いていました。

美し森からの朝焼け
美し森からの朝焼け 俗にいうイチヤケというもの。日の出の1時間前の焼け。美しい色彩にうっとりです。
日の出前のグラデーション
日の出前のグラデーション 空が群青色、紫色からオレンジ色にかわりました。
南アルプスの山嶺
南アルプスの山嶺 北岳(左)と甲斐駒ケ岳(右)です。

緊張感のある凛とした風景が撮影できました。帰りの木道が凍っていて、注意していたのに3回もすべりました。

12月は空気が澄み切っていて富士山が工場夜景の中でも負けずに映るので「工場夜景と富士山撮り」に向いた季節です。また、満月の応援があるとさらにさらに良しです。

■ポリプラスチック富士工場
松原越しの工場夜景
松原越しの工場夜景 堤防の上からの撮影です。白銀に輝く工場がきれいです

■田子の浦港
田子の浦港の海越しの富士山
田子の浦港の海越しの富士山と工場夜景。 正面の橋を渡ると吉原駅です。

■日本製紙富士工場
日本製紙富士工場夜景
日本製紙富士工場夜景 本来は右に富士山が映るはずですが街頭の灯りがきつく映らず

富士市工場夜景
富士市工場夜景 ここも右上に富士山があるが映らず。

やむ終えず暗がりに入る。
工場夜景と富士山
工場夜景と富士山 やっと撮れました。安心して車に戻り、仕事へ。

工場夜景と富士山のコラボ難しいです。
 

早朝4時におきて、イハラケミカルの工場夜景と富士山を撮ってきました。工場夜景と富士山は明暗の差が激しいので、良く冷えた晴天の満月でないと撮れません。
午前5時に到着したときはまだ、富士山はやっと見える程度。

光跡と工場夜景、そして富士山
光跡と工場夜景、そして富士山 色とりどりの光跡がきれいでした。午前5時45分琴の写真です。

早朝富士と工場夜景
早朝富士と工場夜景 工場はイハラケミカル。場所は新蒲原です。

来年また撮りに来ようと思います。

 

精進湖から前進。この日は冷え込んでいたため、もしかすると桂川で川霧が出ているかもと思いました。

桂川への映り込み
桂川への映り込み 川霧は出ていましたが、写真に写すのは難しかったようです。
地上の紅葉
地上の紅葉 霜が降りた大地、わずかに赤味が残った落葉にも霜が降りていました。
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 川霧に光が当たる瞬間を待っていました。
場所を変えて忍野八海
場所を変えて忍野八海 トウモロコシ干場から富士山撮影です。
撮り馬鹿隊、撮影の様子です
撮り馬鹿隊、撮影の様子です それぞれが思い思いの場所で、構図を作ります。

おなかがすいたので朝食の時間です

12月13日はふたご座流星群の日なのですが、平日で撮影ができないことと、天気が悪いため、この日の撮影となりました。

集合は午前2時です。興津に第二次集合場所を設定して4人で撮り馬鹿隊の撮影にいってきました。ただ、精進湖にもう一方待っている方がいて、なんと前日から車で泊まり込んでいらっしゃるようです。

流星は映らず
流星は映らず 午前4時から撮影開始、2名の同僚は撮影に成功しましたが、私は撮影に失敗です。でも、悔いはありません。

長時間露光
長時間露光 18分露光しました。富士山の真上の星がふたご座です。
精進湖の日の出
精進湖の日の出 爽快な気分になります。

周囲が明るくなってきて全員と合流できました。

撮影隊の皆様
撮影隊の皆様 短い睡眠時間と寒さに耐えての撮影でした。気温はー4度くらいだったでしょうか。


夜明けの記念撮影
夜明けの記念撮影 再開を祝して撮影です。

1名離脱しますが、撮影を継続します。
 

農兵節という歌があります。そのなかに出てくる大根、すなわち沢庵にするための大根。これを干しているのが三島市の山地区なのです、昨年もこの場所で富士山と大根干しを撮影しました。
旧箱根街道
旧箱根街道 車を駐車場に止めて山中城を少し散策しました。富士山は見えますが構図がなかったので撮影しないで本命の三島市市の山地区へ。


空き地に車をとめて、農家に断って撮影します。

大根干しと富士山
大根干しと富士山 作付けの場所がかわったらしく撮影が難しかったです。

農作業用トラックと田畑
農作業用トラックと田畑 雰囲気として。大根を植えた場所に干している感じですね。

初冬の風物詩
初冬の風物詩 気持ちよく撮影ができたので、新東名高速道路を使って帰ります。

撮影がうまくゆくと気持ちがうきうきします。

謹賀新年

本年もよろしくお願いします。

寒波がくることがわかっていました。前日、忘年会でしたが。撮影のチャンスですから、午前3時に起きだして撮影に出ました。目指すは箱根。
箱根では今までの経験から芦ノ湖を覆う雲海が期待されました。

国道1号線を東に向かい快調に走りますが、ナビの案内が少し変。本来は三島市から北上して箱根にいたるのですが、さらに東へと引っ張り熱海へ向かわせます。むろん熱海からもいけないことはないのでナビにしたがうのですが。とうとう湯河原の別荘地に引き込まれ、ナビがおかしいことに気づきます。この時点でAM05:10ころ。

ここからリカバリーです。湯河原から三島市と箱根の中間地点をナビに入れて暗い山道をたどります。心は焦るばかりですが、ヘアピンカーブ。走り屋が飛ばすコースなので慎重に運転しました。

芦ノ湖を覆う大雲海と夜景
芦ノ湖を覆う大雲海と夜景 箱根大観山到着午前6時。予定より45分遅れで到着です。残念ながら星の時間には間に合いませんでした。しかも駐車場は満杯。仕方なく、駐車場の出口のことろに邪魔にならないように縦列駐車です。

運転を初めて丸2年、ヘアピンカーブ、縦列駐車ができるようになりました。さておき、機材を慌てて取り出し、撮影の列に加わります。周囲の方に挨拶すると両隣とも神奈川県人。気持ちよくコミュニケーションが撮れました。いまだ撮影現場で神奈川県人とトラブルになったことがありません。「雲海がでてるよ」と言われて「やった」と思いました。

朝日さす
朝日さす 東の空から光が富士山頂に差し込んできました。私の左隣の方は箱根のベテランで「赤くならんのではないか」と予想されていましたが、はずれてくれました。
大雲海と紅富士
大雲海と紅富士 撮りたかった紅富士をしかも芦ノ湖を覆う大雲海とともに撮影できる幸せを感じました。

まだまだ撮影は続きます。

 

午後から仕事のある土曜日です。でも晴れ予報。遠くには行けないけれど、近場の撮影をしようと敬光堂さんと話し合って、薩埵(さった)峠へ富士山撮影にゆきました。敬光堂さんは気合が入っていて、「午前1時でいいかっ」て気合負けしてはなんですから「いいですよ」って(笑

 

薩埵峠第一ポイント
しらす船出港
しらす船出港 この場所は、一般にはあまり知られていな場所。富士山撮影のツウであれば知っている場所とう位置づけ。駿河湾のダイナミックなカーブが特徴です。右隅の大きな灯りが蒲原のイハラケミカルの工場。その向こうの灯りが富士市です。
朝焼けのころ
朝焼けのころ ずいぶん明るくなってきました。

ここで若い女性の軽自動車が到着。挨拶を交わします。しかし、第二ポイントまで移動があるので、残念ながらお別れです。

■第二ポイント
光跡のクロス
光跡のクロス 到着時間が遅かったのでISO感度を64まで落としました。いい場所はすでにとられているの若干不利な場所。展望台の手すりが映るのを嫌って50mmの撮影。
伊豆半島からの夜明け
伊豆半島からの夜明け 駿河湾が湾曲しているため、東側が伊豆半島になります。

撮り馬鹿隊長
撮り馬鹿隊長 朝日に照らされて格好いいですね。

仕事前に気持ちよく撮影ができました。

この日の午前中は吉原で大雲海を撮影でした。そのまま、撮影に出て、白糸の滝の紅葉を抑えたかったのですが、午前中に、母から買い物に連れて行ってほしいといわれていたので、一度家に帰りました。

白糸の滝は展望台から東方面にあるため、西日があたる夕方のほうが美しい。ただ、南から光を浴びると虹が出るということで、買い物の手伝いさえなければずっと撮影してい場所でした。また、シーズンであるため、駐車場が心配でした。

午後、ランチを食べ終わった後、妻に断って富士宮にでかけました。案の定、駐車場に困りました。200円駐車場と300円駐車場は満杯。結局公営の500円駐車場にピットイン。

また、そのころ富士山のご機嫌がわるく、雲から出たり入ったりでした。展望台を下って白糸の滝の滝つぼへ。
白糸の滝
白糸の滝 前日の大雨を受けて轟轟と水が落下します。やはり午前中は虹が見られたそうです。虹はまたのチャンスにします。

再び谷を上って展望台へ。
白糸の滝の展望台からの紅葉
白糸の滝の展望台からの紅葉です。折からの夕日を浴びて輝き始めました。

少し気温が落ちてくると、富士山を取り巻く雲がへってきて富士山が姿を現します。
光りさす

光りさす 待ち望んだ富士山の登場です。ギリギリの時間に間に合ってくれました。ありがとう。
白糸の滝と富士山
白糸の滝と富士山 富士山は少しずつ全貌を現してきましたが、夕日は力なく沈んでゆきました。

駐車場は出口が混雑していたので順番待ちをしていました。出る寸前に横入りされて抜かれました。う~んどうなんだろうな。これって。

この後、富士宮のカーマにより10mの洗車用ホースを買って帰りました。

139号線は新東名を目指す他県ナンバーの車が充満して渋滞。しかし、そこを切り抜けると快適に自宅まで帰れました。このときかった10mのホースは大活躍です。翌日妻の車も洗車してあげました。

前日の土曜日、大雨でした。高速道路を大雨の中静岡に帰ってきたのです。天候の回復が遅れると思い、日曜日は撮影に出る予定はありませんでした。また前日、500km走って本庄市を往復したので疲れていましたのでAM05:00まで寝たいと思っていました。5時に起きだし、ランニングしようとしたとき満天の星を見ました。

少しだけランニングして、引き返してきて、撮影に出る決意をしました。もはや、撮影に良い時間等の勝負です。日本平の近場も思い浮かびましたが、絶対雲海がすごいという読みもあり吉原のV字谷へ。

ぎりぎりの時間に撮影場所に到着。10人ほど撮影者がいましたが、仲間に入れてもらいました。

光りさす
光りさす 朝焼けの時間にぎりぎり間に合いました。光が富士山と雲海に差し込みきれいでした。

坂を下り、ふたたび、おかかえ茶園かねぶんへ、。

おかかえ茶園かねぶんの秋の茶畑2
おかかえ茶園の朝。茶園に光がさしてきました。


撮影の終えた方がそそくさとかえってゆきます。常連の方と20分ほど話をして、清水経由で家に帰り、妻の朝食を食べました。

 

土曜日に、吉原のV字谷が気になって早朝起きしていってきました。朝が遅くなったので起きやすいです。
静岡の自宅からV字谷直行コースです。
未明の雲海
未明の雲海 気持ちの良い風景です。雲海の下から光が透けて見えます。
朝焼け来る
朝焼け来る 思った通りやけがきました。
朝焼けと紅葉
朝焼けと紅葉 紅葉と相まって美しい風景を見ました。
坂を清水側にくだります。
おかかえ茶園かねぶんの秋の茶畑
おかかえ茶園かねぶんの秋の茶畑 ひと撮影終えた方々は帰宅するか、朝食を召し上がっていらっしゃいます。
横目に見ながら1枚写真を撮らせていただきました。

素敵な1日になりそうです。

ペンションオーナーの撮影ガイドの画像撮影に、早朝野鳥ガイドに同行しました。

観音平からの日の出
観音平からの日の出 八ヶ岳観音平から富士山を遠望します。
富士山遠望
富士山遠望 300mmの望遠レンズを使いました。野鳥撮影用にもってきていました。
南アルプスの山々
南アルプスの山々 北岳(左)と甲斐駒ケ岳(右)が姿を見せてくれました。
スーパームーン
スーパームーン ピークよりも2日遅れましたがやっと撮影できました。

明日は野鳥編です。

甲府で仕事をいただきました。雨予報だったので、富士山は撮影するつもりはなかったですけど、静岡、清水で面白い吊るし雲がみえる。
どこかで、撮影しようかなという気になりましたが、基本的に移動優先でその場で決めることにしました。

富士ヶ嶺からの富士山と紅葉
富士ヶ嶺からの富士山と紅葉 富士ヶ嶺まできたのですが、つるし雲が見えず、面白い雰囲気でなかった。あえてこんな日に撮影する必要ないかという気持ちになっていたところ。ある別荘地前のエントランスが落ち葉と紅葉が素敵な場所であることに気が付きました。そして富士山も。

電線が気になったので、電線を構図に入れずに撮影しました。

クヌギの落ち葉
クヌギの落ち葉 鳴沢道では着々と秋から季節が冬に移っているようです。
紅葉のなごり
紅葉のなごり 撮影良くは満たされました。あとは、所要をたしてから甲府に向かいます。

仕事に対するがファイトが倍増です。

ダイヤモンド富士を撮影して、河口湖にきました。午前7時30分、でも、河口湖湖畔は霧の中。しかし、おそらく天頂は快晴のはず、駐車場に車を入れて静かに待ちます。

他の方は仮眠していますが、私は、構図を最初から決めていましたので三脚をその場所に据え付けて待ちます。

霧晴れて
霧晴れて 富士山が姿を見せ始めました。富士吉田→山中湖→河口湖の順で霧が晴れる。それがわかっていましたので、このタイミングを逃しませんでした。他の方は富士山が見え始めてから慌ててて三脚をもって集まってくる感じ。

私の場所がベストポジション、あっという間に私の周辺に20人くらいの人だかりです。
赤映える
赤映える 良い場所を一人で独占していては迷惑です。私の土地ではないので、皆さんどうぞと場所を譲ります。

気持ちの良い撮影ができました。

皆さん忙しそうなので、単独で早朝の撮影にでました。まずは田貫湖で夜景撮影です。往路139号線を田貫湖に向かっていたら、おおタヌキが死んでいました。あわや轢くところでした。
地球は回る
地球は回る 地球の自転周期に合わせて、星が動いて見えます。流星ではありません。
水鳥ゆく
水鳥ゆく 夜明けが近くなって湖面が波立つようになる。水鳥が湖面を通過しました。
田貫湖展望台
田貫湖展望台 コメント紅葉を構図に入れたくて初めて展望台に上ってみました。雑木が少し邪魔だったか。

ここから移動して、朝霧高原でダイヤモンド富狙い。根原か富士ケ嶺か迷って根原
ススキが原とダイヤモンド富士
ススキが原とダイヤモンド富士 この場所では少し右というのはわかっていましたが、駐車して他の車に邪魔にならないことを考えてこの場所。

まだまだ旅は続きます。

中央道の高速経由で高ボッチ到着が11時過ぎでした。そこから、朝の撮影用に三脚を高ボッチ山頂に据え付けにゆきました。
この時点で、高ボッチにはおそらく100台近い車がいたことでしょう。ただ、ここは富士山写真家だけではなく、星景写真家のメッカで、悲観にあたりません。

ただ気をつけなくてはいけないことは、灯りをともしながら高ボッチ頂上を目指す過程に、山道などに星景写真家の皆様がいらっしゃるということ。彼らの撮影の邪魔にならないようにしなくてはいけないのです。
■11/05 PM24:00

オリオン座と冬の大三角形
オリオン座と冬の大三角形 到着直後の風景はこんな感じ、オリオン座,ふたご座も見えます。
天の川とカシオペア、北極星、北斗七星
天の川とカシオペア、北極星、北斗七星 満点の空と天の川です。北斗七星は画面右下、カシオペアは左上。
このあと、一度、三脚で場所取り後、車に戻り仮眠します。

■11/06 AM04:00
起きだしてびっくり、車のなかは人いきれでスモーク状態ですが、一転外に出るときれいな星空。俄然やるきになります。再び頂上へ
午前4時の長時間露光
午前4時の長時間露光 南アルプス(右)の左側にうっすらと富士山が姿を見せました。ISO32(通常フィルムは100)、絞りF11、露光バルブ6分です。夜間ですと通常はISO感度をアップしますが、ここでアップすると町あかりが湖上の空気に拡散しているノイズを拾ってしまい富士山が姿を出すことはありません、よって、減感。感度を通常の1/4程度のさげてやっと撮影できるのです

富士山遠望
富士山遠望 高ボッチと富士山の距離は100km以上あるといわれ、静岡と富士山のほぼ2倍です。例え岡谷市が晴れていても途中の諏訪市、茅野市、富士見町、北杜市、韮崎市、甲府市、精進湖のどこかに雲があれば望みはかないません。

今回は朝焼けとともに姿をとらえることができました。
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 富士山は松本塩尻側から来た雲にほどなく隠されてしまいましたが、満足感が漂うみなさんの表情です。

これで4回トライして、2回成功。成功率50%です。


車に帰って、社内の冷えたパンをかじり次の撮影場所を相談します。そうだんです!あそこにゆこう!

久々に撮り馬鹿隊の大遠征。長野県岡谷市の高ボッチへ。土曜日まで仕事のある方がいるので集合は土曜日の午後8時。

■集合場所は興津の望月邸
望月家のハッピーちゃん
望月家のハッピーちゃんにお出迎えいただきました。
出発前の撮り馬鹿隊
出発前の撮り馬鹿隊 今回のメンバーは隊長、餃子王、そしてわたしです。氷点下も予想される中での車中泊。ハードです

■精進湖
長野県のルートは2種。一つは国道52号線を直接北上。もうひとつは国道139線を北上するプラン。相談のうえで富士山が撮れる可能性がある後者を選択。
深夜10時の精進湖
深夜10時の精進湖 キャンプ者が多くそれをかいくぐっての撮影。でも、冷え込んで放射冷却で星がすごくきれい。左の山の上にはオリオン座が見えます。
星座の世界
星座の世界 オリオン座、ふたご座、昴(すばる)がみえます。オリオン座からふたご座そしてWの形をしたカシオペアまで天の川が伸びています。
オリオン座の映り込み
オリオン座の映り込み 湖面にもオリオン座が映り込んでいます。

ここから、精進湖ブルーラインを南甲府まで降りて、そこから中央道を岡谷まで。

高ボッチ駐車場に到着です。

 

先週、富士山五合目奥庭で黄葉を撮影できたので、1週間たった11月5日は二合目で紅葉が撮影できればと、土曜日の朝、家を出ました。
家を出たときは晴れ予報にもかかわらず清水、富士市で富士山が見えず不安でしたが2合目など標高の高い所へ行けば晴れのメリットがでてくるだろうと思いました。

■水ケ塚駐車場 
標高は1500mと言われる水ヶ塚。夏はここに車を止めて、バスやタクシーで富士宮口五合目へゆくのが富士登山です。
mizu
水ケ塚のオレンジ色の富士山。 最初、西臼塚駐車場にいきましたが富士山は雲に覆われていました。唯一、空いていそうな水ケ塚へきました。しばらく待つと雲があけてゆきます。
撮影者で本格的な方1名と並んでの撮影となりました。

■西臼塚駐車場
水ヶ塚からみてもそろそろ西臼塚がよさそう、数キロ離れていますが車で5分くらいでしょうか。
西臼塚の紅葉と富士山
西臼塚の紅葉と富士山 到着が7時前。しかし、ここは7時半ころにならないと日が当たらないので、しばらく我慢でした。西臼塚の中で最も色づきの良さそうで、最も日当たりの早い木を選び構図を作っておきました。光が入った瞬間をとらえます。


気分よく坂を下り、国道139号線にでて、国道1号線を静岡へ。帰宅は9時ころでした。
 

標高2200mの奥庭をくだり、一路、山中湖方面へ。目指すは花の都公園です

秋咲のひまわりと富士山
秋咲のひまわりと富士山 早朝赤富士だったらさらに感動でしょうね
コスモスは終盤でした
コスモスは終盤でした 秋らしい風景が撮れました。

COCOSで朝食をとっているあいだに富士山が白くなってきて撮影に適さなくなりました。これで撮影を終了します。
曇り予報だったのでよく撮れたほうだと思います。

田貫湖を午前3時にでた私たちは鳴沢村から、富士スバルライン(有料道路)を通り、富士吉田五合目富士山登山口へ。到着は4時前ででした。
まだオリオン座が輝いていて。流星も見ました。

奥庭の駐車場に車を止めて、回廊(石畳)を下って奥庭へ。

奥庭の夜明け
奥庭の夜明け ハイマツの黄葉が予想通り綺麗でした。
影富士
影富士 展望台にいった隊長が「影富士撮れます」とのこと。確かに山のふもとに影富士が。
富士山の日の出
富士山の日の出 日の出は6時半をまわりまして富士山の左肩から日の出です。
ハイマツの黄葉
ハイマツの黄葉 見事に黄金色の世界でした。まつぼっくりもかわいいです。
撮り馬鹿隊、奥庭へゆく
撮り馬鹿隊、奥庭へゆく 私の撮影は敬光堂さんです。ありがとうございます。
奥庭展望台をゆく
奥庭展望台をゆく 予想以上に開けた場所でした。
記念撮影
記念撮影 とりあえず富士山と黄葉が撮れてよかった。

まだまだ、撮れそうなので、次の撮影ポイントに急ぎます。

撮り馬鹿隊が、久しぶりに発動されて、曇り予報でしたが、ワンチャンスにかけるということで出撃。
集合は我が家に午前1時。パートナーは撮り馬鹿隊長の敬光堂さんです。
田貫湖午前2時半
田貫湖午前2時半 長時間露光をすると富士山がバックライトを浴びているのがわかります。

でも、富士山がみえることが確定。メインの撮影場所に急ぎます。
 

この日は天候にも恵まれて、夕方まで富士山が隠れずに残っています。そこで、ダイヤモンド富士とパール富士の両撮りを計画しました。

  1. 午後5時10分 山中湖パノラマ台で ダイヤモンド富士 太陽が富士山頂に沈む
  2. 午後6時5分 朝霧高原富士ヶ嶺で パール富士 満月が富士山頂から登る。

■再びパノラマ台でダイヤモンド富士
しかし。駐車場は満杯、そこで三国峠の方向に車を走らせて縦列駐車。撮影場所も確保しました。
待ち時間を使った記念撮影
待ち時間を使った記念撮影 どうやら撮れそうです。隣の親子とも仲良くなりました。
ススキが原にダイヤモンド富士が沈む
ススキが原にダイヤモンド富士が沈む 沈む位置測定はドンピシャでした。

撤収を急いで、山中湖湖畔にくだり、富士吉田→河口湖→鳴沢と139号線をはしり、ひばりが丘交差点を左折、青木ヶ原樹海を突っ切って富士ケ嶺へ。測定場所にたどり着くとすでに先着者5~6人がいました。

■富士ヶ嶺(ふじがね)でパール富士
富士ヶ嶺でのパール富士
富士ヶ嶺でのパール富士 日没と月出が同時ならさらによかったですが。この日は50分ほど日没のほうが早かった。

でも納得の撮影でした。

山中湖、標高1100mのパノラマ台を降りて忍野村へ狙いは川霧です。

川霧発生の桂川
川霧発生の桂川 逆光を浴びて美しいです。
忍野富士
忍野富士 清流と富士山が望める名所です。
雫に濡れて
雫に濡れて 雫をまとい晩秋の花が美しい。
蜘蛛の巣
蜘蛛の巣 雫に朝の光が当たりキラキラと光っています。
忍野村内野の農村風景
忍野村内野の農村風景 稲穂と富士山も撮ることができてしあわですです。

早朝から起きていておなかがすきました。
 

田貫湖を早めに脱出して、午前4時半に到着。しかし、パノラマ台駐車場は満杯。そこで縦列駐車して撮影準備します。

■パノラマ台夜景
パノラマ台夜景。
パノラマ台夜景。 予想通り、大雲海がでていました。村の灯りを透過してきれいです。
赤富士になりそうなのでわくわくします。
■赤富士
赤富士I
赤富士I ススキを入れて構図します。
赤富士II
赤富士II 広大なススキが原と赤富士。山中湖らしい風景が撮れました。
■撮り馬鹿隊
寒さに耐えて
寒さに耐えて 気温もすでに10度を切るようになりました。寒さに耐えて撮影します。

希望の持てる朝になりました。

久々の晴れ予報、喜び勇んで、撮り馬鹿隊で早朝撮影にでました。もともと、一人でも撮影に出る予定でしたが、餃子王から前日メッセージがあり、応諾した次第です。彼は、即座に出発したいようでしたが、一応5時間ほど寝たいので集合は午前1時としました。

■午前2時 田子の浦港、みなと公園夜景
みなと公園工場夜景
みなと公園工場夜景 港湾と、工場夜景と富士山。なんと贅沢な組み合わせでしょう。
ここから国道139号線を北上します。

■田貫湖夜景
田貫湖夜景
田貫湖夜景 田貫湖キャンプ場には撮影者は一人もおらず独り占めでした。ISO感度100でF14 /18分露出しました。真東に富士山を見る形です。左側が北半球の星。反時計まわりにうごきます。

ここからまた山中湖に移動します。

10月10日の朝は甘利山で迎えました。霧の中、何も見えません。午前5時三脚を回収して撤収しました。
とりあえず、精進湖線から朝霧高原に戻り、セブンイレブンで朝食を食べていたら富士山が見えてきました。

ただ、普通の写真は撮っても意味がないので、富士山五合目まで。黄葉と雲海を狙いに行きました。
富士山6合目まであるいてしまいました
結局、富士山6合目まであるいてしまいました。標高は2500mです。


森林限界
森林限界 はい松の樹林はここまで。

宝永山火口
宝永山火口 富士山の偉大さ、人の小ささがよくわかります。


動画はこちら。雲海の動きをタイムラプスでとらえてみました。
富士山では黄葉が始まっています
富士山では黄葉が始まっています 週末撮りに来ようかな
下山中、シカを見ました
下山中、シカを見ました 人が本来住むことのない世界に行ってきた感じです。

本州で最初に空きが来る場所なのかもしれません。

 

河口湖で満足を得た私たちはさらなる、撮影をするために近場で新道峠
峠につくと駐車場は斜めに入れるスペースしかなかったけれど何とかとめて、敬光堂さんと、夜道を15分程度登山します。

そこにあった風景は・・・
新道峠夜景
新道峠夜景 この夜景を撮るためなら、苦しい急坂の上りも耐えられることでしょう。
撮影が終えたらつぎのひとに場所を譲ります。

河口湖あらじんでカレーを食べる
河口湖あらじんでカレーを食べる インド人らしき人がやっている店。何別で、これで1300円

ここから韮崎市甘利山まで移動。三脚を据えて車中泊です。
 

10月9日 連休の中日に、晴れそうだったので撮り馬鹿隊で河口湖に撮影にゆきました、途中、暴走族に道路を占拠されて、夕焼けぎりぎりに到着。でも、無事に撮影できました。
燃える湖畔
燃える湖畔 たったひと時の美しさと知りながら人は魅せられてゆきます。
河口湖畔の夕焼け
河口湖畔の夕焼け 朝焼けは良く撮りますが、夕焼けは久しぶりです。
残照
湖畔残照 あれだけ空を染めた夕焼けも衰え、夜の帳を待つばかりである。
残照にたたずむ男
残照にたたずむ男 一枚のいい写真が獲れればよい。そんな感覚がよぎるとき。

さあ、次の撮影にゆこう

午後から仕事のある朝、富士山は出そうでしたが、なるべくはやく帰宅したかったので吉原で撮影をしに行きました。
平日にもかかわらずV字谷には先着が6名ほど。皆さん熱心ですね。

北斗七星、カシオペア舞う秋の夜
北斗七星、カシオペア舞う秋の夜 富士山と星座の比較をしていただければ、私たちがいかにちっぽけかわかるでしょう。
吉原V字谷夜景
吉原V字谷夜景 18分の時間が圧縮されています。ISO100で長時間露光したらなぜか緑いろい発色しました。フィルムではときどきありますが、デジタルでは初めて。
黎明
黎明 赤く染まった雲が印象的でした。
清明
清明 今日も一日平和でありますように。

静岡側に降りるコースを下って自宅まで。到着は午前6時半でした。長い一日の始まりでした。

 

天候不順でなかなか富士山が撮影できません、仕事が詰まっているので、チャンスと思えても行けないことが多いので悶々としています。
台風一過の晴れ予報。平日ですが、出勤前にいってみました。

北斗七星と富士山
北斗七星と富士山 山頂到着午前4時ころ。おりよく北斗七星が輝いていました。
大雲海
大雲海 雲海は最初まばらでしたが、時間を追うごとに増殖して谷全体を埋め尽くしました。
黎明
黎明 朝焼けの自国になりました。夜明け1時間前の朝焼けをイチヤケというそうです。

5時45分。仕事があるので山を下りました。

県外で仕事があったので、自動車で訪問するついでに富士周辺に立ち寄ってみました。
しかし、静岡でみえた富士山も富士、富士宮、朝霧高原で急に雲に隠れてしまい、すこしがっかりでした。

静岡県を超えて山梨県にゆくと富士山周辺の雲が撤退しつつあったため、朝焼けの時間も近いことから、富士ヶ嶺を撮影地に選びました。

富士ヶ嶺・富士山と吊るし雲
富士ヶ嶺・富士山と吊るし雲 吊るし雲に色がついて、前景のススキが秋を告げています。

とりあえず撮影ができたので気分よく。若干の時間があったので河口湖に立ち寄ります。
河口湖初秋の風景
河口湖初秋の風景 ラベンダーやひまわりの季節は過ぎて、なにげに秋の気配です。
湖畔、コスモス咲く
湖畔、コスモス咲く 富士山に雲がかかったり、外れたりの繰り返しでした。

ある程度の成果もあったので仕事にむかいます。

天候が悪くてなかなか富士山が撮影できません。また土日曜日の天候が悪いから撮りに行けません。
たまたま、晴れマークがでて前日夜から富士山がでているため、早朝撮影を仕事前に敢行しました。


日本平ホテルからの清水港夜景
日本平ホテルからの清水港夜景 自宅から車で30分強の場所。簡単に行けて富士山さえでていれば相応の写真の撮れる場所です。
来客駐車場に止めて、庭園にお邪魔して撮影します。

朝焼けまで、運動を兼ねてランニング。アップダウンが結構足に来ます。

南の空の朝焼け
南の空の朝焼け ランニングしているうちに南の空が明るくなってきました。

リフレクション
リフレクション 朝焼けが日本平ホテルのガラスの壁面に反射して美しい。

富士山と朝焼け
富士山と朝焼け ススキが秋の気配を漂わせています。

気持ちよい撮影ができました。

出張から帰り、疲れていましたが一応6時間眠れたので、起きだして早朝撮影に。場所は静岡市清水区吉原のV字谷です。

5時前に撮影場所に。なぜか撮影者は私を含めて三人だけ。

雲海と富士山
雲海と富士山 朝焼けは期待できたのですが、雲海は1日遅れだったので期待していませんでした。有難う。雲海。

雲と朝焼け
雲と朝焼け 例によって、日の出前になると雲がでてきました。でも、雲が旭を反射して綺麗です

黄金のとき
黄金のとき 日の出ととも雲海に光が入ります。この色がすきです。

山を下って、かねぶんの茶畑に向かいます。
 

埼玉友の会のセミナーのため移動を兼ねて、田貫湖の撮影を計画しました。
快晴の田貫湖
快晴の田貫湖 富士山も朝焼けに輝ききれいでした。ただし、富士山中腹の雲が不安。過去の経験から、これが現れると富士山が隠れてしまいます。
影富士
影富士 朝焼けの最も良い時間に案の定、富士山山頂が雲に覆われてしまいました。その後ろから太陽が昇ってくるため
不思議な影富士になりました。

このあと、パール富士、ダイヤモンド富士の場所に移動しますが、残念ながら富士山は雲の中。移動を開始します。
河口湖大石公園の富士山
河口湖大石公園の富士山 峠を越えて河口湖に行くと富士山が見えていました。秋を感じさせる風景です
秋の気配
秋の気配 ススキではないですが、そんな風景です。
田貫湖→鳴沢道→河口湖IC→大月IC→中央道→海老名→圏央道→川島→熊谷市です
埼玉友の会
埼玉友の会 今回は欠席が多く3名だけの参加ですが「企画書の作成講座」でした。

9月第一週の富士山は不機嫌でした。
 

 

晴れ予報だったので、平日ですが早朝に撮影に出ました。
 

未明の富士山
未明の富士山 富士宮市や富士市の夜景が見えます。撮影者は5名、車で寝ている人が1名でした。
傘雲と富士山
傘雲と富士山 見事な傘雲ができていました。
不思議な雲をまとう富士山
不思議な雲をまとう富士山 富士山頂を覆ってしまいましたがきれいな朝焼けが来ています
傘雲、つるし雲
傘雲、つるし雲 雨予報の雲模様ですが、この後、晴れが続きました。

日の出をまたずに仕事があるので撤収でした。

 

早朝、ダイヤモンド富士を撮って埼玉に行って仕事。再び夜に田貫湖に帰ってきました。すでに駐車場にはシーズン、週末が重なり満杯の車。でも、2車分入れるところがあってラッキー。しかもトイレに近いし。布団を持ってきたので車中泊です。

2時ころに起きだして撮り始めました

c
オリオン座と富士山。 オリオン座というと冬の星座です。はや季節は秋なのですね。午前2時ころの風景です

夜空を舞うクジラ
夜空を舞うクジラ クジラに見える雲の右側が吊るし雲。雨の兆候です

夜明け前のマジックブルー
夜明け前のマジックブルー 上空に吊るし雲、富士山頂に傘雲。これは予報的に完全に雨です。

傘雲とダイヤモンド富士
傘雲とダイヤモンド富士 久しぶりに傘雲のダイヤモンド富士でした。彩雲見えますか?

彩雲
彩雲 これは珍しい風景。望遠レンズを取り出してダイヤモンド富士と彩雲撮り
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 私が田貫湖にいる情報を聞きつけ2名の参加ありがとうございます。すでに三脚を並べて建てる場所がなく、ばらばらで撮りました。


撮影を終えると雨になりました。
じつは、なぜ家に帰らず田貫湖に泊まったかというと、このあと、相模原に妻と次女を迎えに行き荷物事帰省を手伝ったからでした。

大雨の中、自宅に帰りました。

仕事で埼玉にゆくことになりました。その行きがけの駄賃にダイヤモンド富士を田貫湖で撮影しようと欲張りました。
平日ですが、全国のナンバーがならぶ駐車場、メイン駐車場は満杯でしたが窪地の駐車場は空いていたので利用させてもらいました。
少し歩きます。

トイレによって再び歩くと鳴沢の自称「エロそば屋」Wさんに会いました。さらに撮影場所にゆくと、今年甘利山と吉原で出会った若者もいました。
やっぱりみなさんすきなんですね

田貫湖のダイヤモンド富士
田貫湖のダイヤモンド富士 湖面はゆれましたが一応ダブルになりました。


影富士とダイヤモンド富士
影富士とダイヤモンド富士 富士山の両翼に影富士がでています。

撮影を終えて気分よく、埼玉に仕事に出かけます。

埼玉への出張帰りに、山中湖パノラマ台に車中泊しました。車に布団を持ち込んでいました。
■深夜のパノラマ台
到着時の天の川がまだ富士山にかかっていなかったので、車の中で仮眠。この前に撮影場所に三脚を置きに行くと先週のおっちゃんがいました。バッテリー借りたお礼を言って車にもどります。そして、午前0時半、起きだして撮影。
立ち上がる天の川
立ち上がる天の川 銀河の深淵を見ている気持ちがしました。
長時間露光
長時間露光 星が地球の自転で動いて見えます。ある程度、納得した写真が撮れたので場所移動します。

■深夜の花の都公園
ひまわり畑
ひまわり畑 登山する人のヘッドライト光る富士山頂が人の字のように思えます。

光害がひどくて天の川がうまく映らない。作戦変更です。
長時間露光2
長時間露光2 あえて、道路に出て、車のヘッドライトとテールライトをいれて撮影してみました。

なぜかパトカーと遭遇、職務質問されるかと思いましたがなぜかスルーでした。
未明のひまわり畑にて
未明のひまわり畑にて ひまわり畑は迷路になっているようです。永遠の迷路にはまりそうでした。

日が明けて、昨日のような赤富士を待ったのですが、残念ながら、仕事が午後からあるので静岡に帰ります。
 

埼玉への出張の朝、早朝に花の都公園に立ち寄りました。ヒマワリが気にかかったのと、赤富士になりそうだったからです。

日の出
日の出 花の都公園に到着後しばらくすると美しい朝焼けが来ました

花の都公園
花の都公園 誰も撮ろうとしませんが、入札ゲートから身を乗り出して撮影しました。
赤富士とヒマワリ
赤富士とヒマワリ 少しだけですが赤富士になってくれてうれしいです。ヒマワリも見ごろでした。
ヒャクニチソウと富士山
ヒャクニチソウと富士山 広大な無料立ち入り可能なお花畑に富士山、似合います。

河口湖から高速に乗って、仕事の向かいました。
 

静岡といえども茶畑から雲海と富士山がみえる絶景ポイントはそうあるわけではありません。

この場所はアクアのCMに使われた場所です。

黄金のときと雲海
黄金のときと雲海 V字谷から200mほどくだった標高500mの茶園の夜明けです。雲海に光が回って独特の色彩を出しています。
おかかえ茶園の目覚め
おかかえ茶園の目覚め 茶畑にも光が入り、初秋の茶畑が美しく緑色に輝いています。

ここで撮影終了、清水側に車を向けました。

前夜から車中泊をしながら天の川と富士山を撮影していましたが、赤富士を予感させる気配となってきました。
隣で前夜撮影していたおじさん方も起きだしてきました。

雲海が湖面を満たす未明
雲海が湖面を満たす未明 未明から山中湖を覆い始めていた雲海が次第に巨大になってきました。

朝焼けの時
朝焼けの時 東側が焼けはじめ、次第に南西方向に赤さが伝搬してきました。
ここでなんとバッテリー2本がからっけつ。やばい!
そこで、申し訳ないが隣のおっちゃんたちがニコンなので頼み込んでバッテリーを借りました。ありがとうおっちゃん
赤富士パノラマ台
赤富士パノラマ台 予想通り赤富士。やった。しかも雲海付き。これは初めて。
雲海流れる
雲海流れる 納得の撮影です。本当は別の場所も撮影したかったけれどバッテリー切れと、午後からセミナーの仕事があるのでここで撤収します。

おじちゃんに感謝の意を述べて、静岡に帰りました。

金曜日の仕事を終えて、部下が帰るのを待って、風呂入って、食事をとって山梨県の富士五湖側にでかけました。テーマは富士山と天の川。
■精進湖
もやっていたので、まずは精進湖で様子見の撮影をかけました。
精進湖
精進湖は釣り師の世界でした。しかし、夜霧のたまりやすい場所らしく、。富士山が靄っているのと天の川が右側にあるので、撮影に適さないと思い当初の目的通り山中湖へゆくことを決意しました。

■山中湖パノラマ台 ネットで山中湖で富士山が見えていることは確認済み。
もやったときは高台が有利です。パノラマ台にゆくとすでに30台くらい車が駐車して、1台だけ止められるスペースがあったたため、トイレ前に後進入庫

南天に天の川
南天に天の川 大体内訳として若者の星撮影グループ(こちらは装備がやや貧弱)、それとおじさまのグループ。暗闇ですが挨拶してコミュニケーションとりながら撮影場所を確保
飛行機が多いのと、富士山方面に天の川に回るまで、車の中で睡眠します。0:30分。
3時半に起きだして撮影再開です。
富士登山のライトの人の字
富士登山のライトの人の字 長時間露光しましたので地球の自転に従い星が動いています。
富士山と天の川
富士山と天の川 昨日や夜半まで一緒に撮影していたおじいさん2人組はまだ眠っていると思いますが、富士山に天の川が近寄ってきました。

天駆ける天の川
天駆ける天の川 富士山の真上も素敵ですがこういう構図も大好きです

さあ、早朝が楽しみです。
 

しばらく富士山が撮影できていなかったので、休日に花の都公園にゆき撮影してきました。
静岡からだと2時間でゆけます。7時半に家を出て10時に到着。
ヒャクニチソウ咲く、花の都公園
ヒャクニチソウ咲く、花の都公園 空が少し残念ですが。富士山が見れてよかった。

信玄餅アイス
信玄餅アイス 花の都公園の駐車場で販売していました。黒蜜ときな粉が大好きです

父母のための天然水の採水などをへて午後2時前に自宅にかえりつきました。

久しぶりに富士山が撮影できてよかったです。

全体的にさえない日のおおいこのごろ、でも、撮影したい人たちが集まって撮影ツアーを敢行しました。メインの撮影は富士見高原でゆりのライトアップです。撮り馬鹿隊出撃です。

加藤邸に餃子王、短パン王子が午前7時に集合し、餃子王の車に乗っていざ出発、当面の目的地は河口湖としました。
理由は①河口湖で唯一富士山が見えているから、②河口湖にラベンダーがまだ残っている可能性があるからでした。ライトアップがメインであるとするなら、それまでのゆっくりと撮影しながら移動すればよいのです。

ラベンダー咲く河口湖
ラベンダー咲く河口湖 一部は終盤でしたが最前列が間に合ったようです。私は撮影の後、500円はらってラベンダー狩りをやりました。
百合さく大石公園
百合さく大石公園 ユリ科の花がオレンジ色とえんじ色に美しく咲いていました。
記念撮影の人々
記念撮影の人々 三脚を据えていると、人が集まってきて、記念撮影を撮りどいてくれません。粘り強く彼らがどくのを待ちながら、こんな感じと撮影してみました。
撮影終えてひとやすみ
撮影終えてひとやすみ テラスでブルーベリーアイスを食いながら記念撮影します。

御坂峠を超えて甲府盆地に入ります。

 

前日、出張で撮影できなかった富士山。翌日もチャンスがありそうなので、仕事前に撮影にいってきました。
夜明けの歌
夜明けの歌 V字谷で雲海と美しい朝焼けを撮影することができました。撮影者は4名でした。
朝焼けの空
朝焼けの空 この後も期待しましたが、富士山が雲に隠されてしまいました

本当に、富士山の機嫌はよくわかりません
 

例のV字谷に早朝撮影にいってきました。初めて静岡ルートをたどってゆきます。道は狭いですがきれいに舗装されていますし、交通量が清水よりも少ないのがありがたい。不安でしたが、ナビに経路が残っていて無事たどり着けました。

夜明けを待つ
夜明けを待つ 残念ながら雲海はありませんでした、でも、長時間露光をしてみると黒く見える空には実は多様な色が存在することがわかりました。
朝焼けと富士山
朝焼けと富士山 待つことしばし、美しい朝焼けになりました。
黎明の時
黎明の時 もっと焼けることを期待しましたが、多彩の色彩をみせてくれたので、満足でした。
名前も知らぬ花
名前も知らぬ花 白い花が咲いていました。

これから自宅に帰り。ランニング、朝食を作り、関与先の娘さんの結婚式にでなければならないです。
写真撮影の仕事も依頼されていて失敗は許されません

パール富士の撮影ののちに、向かった先は田貫湖。この時期確か蛍が撮れたはず。田貫湖で蛍を撮れることは知っていましたが、撮る人がほかにいないため、いつが正解なのか情報がわかりにくい。また梅雨の時期と重なるため富士山とのコラボレーションが取りにくいのが難点でした。

蛍飛翔、午後7時半
蛍飛翔、午後7時半 だれもいない湖畔、一人で三脚を据え付けました。ときおり、ちかくの国民休暇村の宿泊者が夕べの散歩にきますが、殆ど暗闇。そのなかでじっと30分くらい待っていました。しかし、蛍が光らないので、時期が過ぎたのかなあと不安に思ったとき。頭上の樹木の上に緑色の点滅が見えました。蛍です。

しばらく待っていると、ふわりと飛びました。富士山と一緒の構図に入れられてうれしかったです。
湖畔の飛翔
湖畔の蛍光 この湖畔には少なくともゲンジボタルと平家ボタルがいます。うっすらみえる明かりがヘイケボタル。強い光がゲンジボタルです。

大満足で、家に帰りました。

実はこの日の本命は「パール富士を富士ケ嶺で撮影する」ことでした。
パール富士とは満月と富士山のコラボレーションのこと。月に2回しかチャンスのない撮影です。しかも真昼間に撮影すると、くらげのような月になっちゃうし、真夜中に撮影するとダイヤモンド富士みたくなっちゃって、結構、条件が難しい撮影なんです。

■難易度の高い、時間計算/撮影場所計算
おまけに、このパール富士時間計算/撮影場所計算が難しい。例えば、ダイヤモンド富士は昨日撮影できた場所から100m程度南か北にずれた場所、時間差は前日比1分です。これに対して、パール富士は40分~50分、距離は数キロずれます。
よって、以下の手順で時間計算/撮影場所計算をします。

  1. カシミールというソフトを使います。このソフトは登山用ソフトで指定された場所の3Dの画像をだしてくれます。
  2. そのソフトで場所を指定して、日付を指定して、月の軌道をかさねます。
  3. うまく月が富士山頂上から出てきたら正解です。
  4. 問題は場所です。指定した場所が撮影可能かどうかをgoogle mapで調べます。
  5. たとえ理論的に撮影可能でも航空写真をみて立木の多い場所では撮影が不能なので手順「2」に戻って計算を繰り返します

場所は朝霧高原の富士ケ嶺。富士ケ嶺クラシックゴルフ場近辺の牧草地帯という結論に達しました。

■富士ケ嶺
富士ケ嶺からの富士山
富士ケ嶺からの富士山 標高1000m以上。富士山が近いです。午後4時ここで撮影場所を探す中で、2人の人を発見。間違いなくパール富士ハンターです。

パール富士ハンターは上記の計算を自分で行えて、かつ、その場所に実際に来れる人です。この点がダイヤモンド富士の撮影者と水準が違います。先にも書いたように、ダイヤモンド富士ハンターは例えば田貫湖だったら8/20に午前6時5分にいけば撮影できます。

数式を自分で導き出す学生と、公式やノウハウ集に頼り、問題を解く学生でどちらが水準が高いかは自明の理です。

だから、ダイヤモンド富士ハンターは三脚の立て方でけんかを吹っかけてきたりするけれど、パール富士ハンターはお互いにリスペクトしているためトラブルになりにくいのです。


雲間からのパール富士
雲間からのパール富士 富士山頂から登るパール富士です。上るパール富士は夕方の斜光に富士山があぶられるため雲にまかれやすいのです。今回も危ないところでした。

パール富士と赤富士
パール富士と赤富士 パール富士の瞬間から少し遅れて、赤富士が来ました。明日のほうがパールの瞬間に赤富士のなることがわかっていましたが気象条件が悪そう。だから今日にしたのでした。

耕運機と赤富士
農機具と赤富士 撮影している後ろを見ると農機具がありました。面白い構図だなと思って撮影しました。

ある撮影が頭にひらめきました。これで本来は撮影終了してもおかしくないほど満足していたのですが、田貫湖をナビに入れて、もう1撮影を目指してエンジンのセルを回しました。

 

 

 

朝方の撮影が雲に阻まれたので少し悔しい気持ちがありました。その後、自宅でデスクワークをしていると、富士山が出てきていることと、ある狙いがあったので午後から撮影に出ました。

■まずは河口湖へ
河口湖でラベンダーが咲き始めたと聞いたのでまずは河口湖。午後2時半ころ河口湖大石公園に到着です
河口湖のラベンダー
河口湖のラベンダー 7分咲き程度でした。午後ということで観光客も多く、もう1度ワンチャンスがあれば撮影しなおしたいなと思いました。
ヤナギラン咲く湖畔
ヤナギラン咲く湖畔 この辺りは大石公園のなかでも観光客が少なく落ち着く場所です。
花咲く湖畔
花咲く湖畔 黄色、白、ラベンダーの紫など色彩多彩な湖畔でした。

さて、まずは幸先の良い撮影でした。
さて、本命の撮影を行いに朝霧高原にバックします。
 

雲海のメッカ、吉原にはいくつかの素晴らしい撮影ポイントがあるのですが、最上段のV字谷。前回、夕刻に下見をしていて安全性を確認してありましたので。夜にINして、一晩泊まりました。

午前3時の富士山は、不機嫌だった
午前3時の富士山は、不機嫌だった 車の中に布団を持ち込み眠っていましたが、あたりに人の声が聞こえるので起きだして撮影をすることに。しかし、残念ながら富士山は雲の中です。

しかたないのでみなさんと会話楽しんでいました。出色だったのは浜松からお越しの女性カメラマン。何とも元気で、しかも主婦らしい。家計を圧迫するからといって下道を深夜に車を運転してきたそうです。

AM0430.
AM0430. 朝焼けの中、富士山が顔を出してくれました。雲は多いのですが、朝焼けがきれいだし、雲海も見事です。

さらなる、展開を期待したのですが、残念ながら富士山が雲に隠されてしまいました。
午前5時、夜明けの工房
午前5時、夜明けの光芒 しかたないので、光芒を撮ってかえることにしました。

すでに会話の中で、V字谷が静岡の平山温泉方面に抜け道が合うることを聞いていました。そこで、車を前進させて、清水側から帰らずに静岡側から帰ってみることに成功しました。


 

午後まで全くさえない梅雨空でした。しかし、午後から天気が良くなって来たので撮影の下見にでました。しかし、下見に行った場所がなんと工事で通行止め。そこで一気に方向転換して、気になる場所にいってみました。それがV字谷です。

V字谷は雲海と富士山と茶畑で有名な静岡市清水区吉原の最上部。よい風景が撮れることがわかっていたのですがダート道、かつ側溝があいているため脱輪する車もあり、自分には無理と思っていました。でも、明るいうちならなんとなるかもしれないと勇気を奮っていってきました。

V字谷からの富士山
V字谷からの富士山 高地から見下ろす風景ですゆうに標高は600mはあるでしょう。

ここで夕刻を待ちます。

青の時刻の夜景
青の時刻の夜景 美しい青が出ました。

ここで時間を使い過ぎましたので、蛍の撮影に行く時刻がなくなりました。安全を期して暗闇の中を車で慎重に下山しました。

山梨県韮崎市甘利山にレンゲツツジが咲き始めたと情報が入りました。これは撮りに行かねば。かねてから10年くらい。この撮影をしたくかったのですができなかった。理由は、①梅雨の時期で撮影チャンスが少ない、②開花情報が少ない、③仕事と天気の良いタイミングが難しかった、④静岡からやや遠い。などの理由です。

昨年も、そのような動機で車中泊を覚悟で撮影に出たのですが、大失敗。そもそもレンゲツツジ畑が雲海の下に沈み、富士山が望むことができなかったからです。

今年も車の中に布団を積み込んで、標高1700mの甘利山に金曜日の夜から泊まり込みでいってきました。静岡から3時間半。山上は寒く、凍えるほどでした。寝る前に三脚2本を撮影場所に設置しておきました。富士山は見えませんが、天気が回復すると読んでいました。

撮影開始は午前3時
撮影開始は午前3時でした。頭上に天の川が輝いていますが、三脚が動かせないほどに立ち並んでいるので、あえて撮影せずに夜景に専念です。
甲府盆地を包み込む雲海
甲府盆地を包み込む雲海 日の出前になったとき。甲府盆地を雲海が覆い始めました。
朝日に輝く
朝日に輝く 雲海の上に頭を出している富士山
レンゲツツジと雲海
レンゲツツジと雲海越しに富士山が撮影できました。

みな笑顔で三脚をたたんで去ってゆきます。

引田天功のイリュージョンってのがありますが、初めて幻の滝を訪ねることにしました。
幻の滝は富士山山頂の雪が解けてできる小さい滝なんです。

■富士山須走口5合目
富士山須走口五合目
富士山須走口五合目 快晴で気持ちがいいですね。火山岩の砂礫層をこれから20分登山です。
富士山須走口から見る山中湖
富士山須走口から見る山中湖 この構図どこから撮るのだろうかと思っていたら解決しました。
幻の滝の現場
幻の滝の現場 なんでも滝は見れるが、午後にならないとだめとか。今年は断念とします。

■足柄、竹之下の棚田を訪ねる
竹之下の棚田
竹之下の棚田 小山町にゆき、東名高速のガード下の側道をおりてゆくとこの棚田があります。手前の川が馬伏川です。
早苗と富士山
早苗と富士山 今限定の富士山の風景です。

帰路、御殿場から高速道路に乗りましたが、不思議な体験しました。
黒いクラウンが私たちの車をスイト抜いて、私たちの20Mくらい前の走行車線を走ります。その間に強引に割り込むベンツ。異様な緊張感が走ります。そのときです。餃子屋さんが叫びます

餃子屋さん「あれ、覆面っすか」
店長「タイガーマスクっすかぁ」
餃子屋さん「ほら、クラウンで、後ろがスモーク。アンテナがあって無線できる、しかも二人乗り。間違いなく覆面です」

そうこうすると、軽自動車とその後ろをレクサスが追い抜き車線をす~っと、覆面、ベンツ、私たちの車を抜いていきました。
しばらくすると、覆面が動き始めます。

1KMほど先の足柄サービスエリアでレクサスが捕まっていました。覆面車の後ろには電光掲示板がでていました。
 

 

前日、朝方雨でした。その翌日で晴れ予報。もしやと思い撮り馬鹿隊を出すことに。賛同者は1名。
午前3時集合。でも富士山はライブカメラでも雲の中。富士山五合目の撮影ポイントを目指します。しかし、国道1号線を走っているt気に富士山が姿を出しました。急きょ引き返して吉原です。
朝焼けと大雲海
朝焼けと大雲海 現地到着すると大雲海。これはすごい。駐車場に駐車するととるものもとりあえず撮影します。
撮影人
撮影人 このような状態で撮影しています。
日の出の雲海
日の出の雲海 プロカメラマンもいらsっしゃいましたが、「このような雲海は今年初だ」といっておられました。私もそう思います。
黄金のとき
黄金のとき 日の出後雲海に色が付き、心躍る瞬間です。

動画をどうぞ
逆巻く雲海
逆巻く雲海 山を下り雲海の真上にたつ。光の陰影がすごかった。
撮る人
撮る人 いい場所だと何回でもシャッターを切りたいでね。

さあ。次の撮影場所です

5/14 埼玉県熊谷市にセミナーのお客さんがいて、この日は土曜日でしたが仕事でした。セミナーは午後1時半でしたが、食事会が午前11時にありました。でも晴れそうだったのと、ある撮影ポイントが初めてだったのですが気にかかったので、静岡の自宅を午前1時半に起きて2時にでました(笑い。

■南アルプス市の棚田
この時期田植えで田圃に朝日が映り込むときれいかなと予測した次第。しかし、国道52号線は霧が立ち不安でした。
南アルプス市中野棚田からの富士山
南アルプス市中野棚田からの富士山 アイリスが前景にある面白い構図を見つけました。
棚田の夜明け
棚田の夜明け 美しい朝日を見ることができました。

南アルプス市で撮影して、移動しながらコンビニで朝食を食べ、甲府市で給油しました。浜松の車検業者から帰ってきたばかりだったので、ガソリンに余裕がなかったのです。

■富士吉田市で採水
富士吉田市、道の駅で採水ができます
富士吉田市、道の駅で採水ができます 富士山の湧水ということで、多くの方が採水に来ます。

ここから花の都公園にまわりましたが花はありませんでした。
河口湖のラベンダー
河口湖のラベンダー 咲き始めました。これからきれいなんでしょうね。

ここから高速に乗って、埼玉県を目指します。

5月11日は雨でした。5月12日は晴れ予報。平日ですが午前2時半に起きだして、早朝撮影して、茶畑と雲海と富士山を撮るために清水区吉原に向かいました。むろん、平日ですから撮影した後に仕事の予定です。

雲海から姿を現す富士山
雲海から姿を現す富士山 到着直前、山上まで雲が回っており撮影が困難な状態、しかし、15分ほど待っていると富士山が雲間から雲海を従えて現れました。
朝焼けに浮かび上がる黎明の富士山
朝焼けに浮かび上がる黎明の富士山 雲海も静かにたなびいています。
雲海と富士山が見える茶畑の朝
雲海と富士山が見える茶畑の朝 雲海は生命のあるごとく、その姿を山裾からあふれ出してゆきます。
暁光
暁光 暁と富士山

動画をどうぞ

満足して山を下りました。
 

桜海老漁が昨日あったという情報を岐阜チームに教えていただきました。となると、今日晴れていれば桜海老を富士川河口で干すはず。
富士山は午前8時を回ってきれいに見え始めています。
そこで、私は柚野から、岐阜県チームは本巣ハイランドから再度富士川河口に引き返して、念願の桜海老の天日干しと富士山撮影を狙ったのでした。


富士川河口の桜海老漁
富士川河口の桜海老天日干し 桜海老の天日干しと富士山撮影は撮影が難しい。理由は、桜海老漁の時期を図ることが難しい。次に翌日富士山がきれいに見えること。さらには、朝8時ころに自分が富士川河口にいるという条件つきなのです、よって、このチャンスを逃すわけにいきません。
桜海老
桜海老 静岡ならではの海産物です。岐阜隊は、これを食べてから帰るといっていました。

桜海老天日干し
桜海老天日干し 浜に黒い網を張り、その上に桜海老をまきます。
桜海老天日干しと富士山
桜海老天日干しと富士山 みているとカラスの食害がひどい。人がいなくなった場所はカラスが現れて桜海老を食べてしまっています。
浜昼顔
浜昼顔 久しぶりに海岸にきたんだなあと実感させます。
ご機嫌の撮り馬鹿隊
ご機嫌の撮り馬鹿隊 情報ありがとう、静岡県人でしたが私も初めての撮影でした。

このあと、富士川楽座でスイーツを食べて解散しました。

吉原でいったん、富士山が消えましたし、かつ、岐阜県のお客様が本栖ハイランドの芝桜を撮りたいというので、いったん富士宮まで。
途中で離脱していただき、本栖ハイランドで芝桜を撮っていただき、再び富士川河口で落ち合おうということになりました。

柚野の田植え
柚野の田植え お百姓さんがいるので許可を得て、撮影させていただきます。
早苗
鳥並棚田の早苗 きれいに植えられております。
棚田の春
棚田の春 ここが一面の緑色になる日も近いですね。
あやめ咲く棚田
あやめ咲く棚田 私は酒蔵で水をくませていただき、その間に、岐阜県のお客様は芝桜撮影に。水をくませていただきましたので、酒蔵のお酒を買って帰りました。

さあ、最後の撮影です。

前日雨が降り、晴れ予報の出た日曜日(ゴールデンウイーク最終日)に 岐阜県からのお客様を迎えて吉原の雲海撮りに。
岐阜県からの客様は吉原の道がわからないので、薩た峠に行こうとされましたが、今の時期いっても当たり前の写真しか撮れませんから、吉原を誘いました。現地集合です。私は2時半起きです。

吉原の雲海と朝焼け
吉原の雲海と朝焼け 午前3時半頃現地到着。撮影を開始します。撮影者はGWとあって一杯。見た目には夜景に見えますが撮影すると朝焼けの中に富士山が浮かび上がっていました。

岐阜からのお客様が茶畑の下に見えました。ライトが見えます。でも、間違って引き返してしまわれました。そこでケータイで再び呼び返します。
マジックアワーと雲海
マジックアワーと雲海 青い時間帯がきて雲海も伸びてきました。いい感じです。

突然発生した雲に撮影を阻まれる
突然発生した雲に撮影を阻まれる 完璧と思われた雲海と富士山と茶畑でしたが、折あしく急に発生した雲で撮影続行は困難に。
日本平でも、薩た峠でも富士山は見えていますから。残念でした。
岐阜県からのお客様
岐阜県からのお客様 奥様同伴で2時はに出発されたとか。4時すぎ到着でした。

さあ、これから半日頑張るぞ

本栖ハイランドから139号線を引き返し、再度、吉原に。茶刈に間に合うかが勝負でした。

茶刈り
茶刈り 実際に静岡にお住まいの方でもリアルな茶刈を撮影したり、見たりする方は少ないと思います。
富士山の見える茶園の茶刈
富士山の見える茶園の茶刈 おかかえ茶園かねぶん農園の茶刈です。園主白鳥さんから情報を逐一もらっていたので、引き返してこれたのでした。
富士山遠望
富士山遠望 富士山、傾斜のある茶園、茶刈り 静岡県らしい風景ではないでしょうか。
急傾斜の重労働
急傾斜の重労働 茶刈はバリカンで刈るにしろ2人1組です。茶刈人も高齢化が進む。傾斜で重労働。お茶をやるかたが少なくなるのは仕方がないことでしょうか。
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 この時点で午前11時、まだまだ元気ですよ。
富士山バックの茶園、記念写真
富士山バックの茶園、記念写真 高度がわかりますでしょう。標高400mくらいです。

さあ、次は茶工場の見学です。

清水区吉原。富士宮市柚野を経て139号線に出て、本栖ハイランド。渋滞前に滑り込みましたが。ものすごい人出です。

芝桜咲く龍神池
芝桜咲く龍神池と富士山。完全に見ごろにあたりました。今日は富士山が見えてよかった。前回は駐車場料金だけ払って、富士山が見えないので速攻帰ったのでした。

赤と白のじゅうたん
赤と白のじゅうたん 赤、白、紫など多彩な色彩が楽しめる場所。三脚はもちろん、脚立まで持ち出して撮影している人がいます。すごいですね。
広大な敷地と小さい芝桜の富士山
広大な敷地と小さい芝桜の富士山 奥に展望台が見えますが、ポッキー嬢がいます。あの展望台を希望される方が多いのですが
どう?と聞くとみなさん微妙な顔をされます。

芝桜を撮影できて満足の撮り馬鹿隊
芝桜を撮影できて満足の撮り馬鹿隊 浜松隊は2時半浜松集合らしいですが、みなさんお元気ですね。

さあ、吉原に引き返します、狙いは茶刈りです

子供の日、晴れ予報が出ましたので、浜松隊をお誘いしたら行くというので撮影部隊を繰り出しました。

■吉原
朝焼け美しい吉原
朝焼け美しい吉原 雲海は残念でしたがきれいな富士山と朝焼けが望めました。
日の出
日の出の茶畑。 本日が刈り取りの日らしいので、この美しい緑も最後でしょう。
オレンジ色に輝く茶畑
オレンジ色に輝く茶畑 朝の色温度がきいて赤みのある写真となりました。

■柚野 ここから比較的近い富士宮市柚野をご案内します。
柚野の逆さ富士
柚野の逆さ富士 前回は夜景でしたが、今回は朝の風景です。
朝から元気な撮り馬鹿隊
朝から元気な撮り馬鹿隊 さあ、すでに二か所目です。

次は芝桜と富士山だ!

 

今回の旅行はほぼ24時間(睡眠時間は4時間程度)で9か所回りました。

■浮島の新幹線と富士山と蓮華畑
蓮華畑を疾走する新幹線
蓮華畑を疾走する新幹線 この時期ならではの風景です。
ここから伊豆長岡の葛城山パノラマパークへ
■伊豆長岡の葛城山パノラマパーク
 つつじと駿河湾越しの富士山を期待したのですが、つつじが終わっていました。(汗
キアゲハ
キアゲハ 肩のところが黒く、少し黄色みが強いのが特徴です
アゲハ舞う
アゲハ舞う 偶然取れた一枚。よかったぁ~
エビネラン
エビネラン 日影に咲きます。でも好きな花なのでここにくると必ず撮ります

アジフライ、アジの刺身定食を沼津港で食べて帰りました。

長野県茅野市から、一気に中央高速、精進湖線、139号線を越えて富士宮市に到着。時刻は7時過ぎです

■富士宮市杉田の茶畑 工場の私有地ゆえに、操業の邪魔になる平日には撮影がNGの場所。
到着すると数組10人弱の人が撮影していました。
杉田の茶畑と富士山
杉田の茶畑と富士山 若干もやっているため、PLフィルタを使いました。
撮り馬鹿隊
撮り馬鹿隊 みなさん元気です

■富士市大渕笹場
茶畑と富士山
茶畑と富士山(笹場) 傘雲が出てきました。人気のスポットゆえに駐車場が満車状態です。譲り合って駐車します。
青空に映える
青空に映える 新緑が目に鮮やかです。

■富士市今宮 以前、写真家と茶畑園主がトラブルになった場所。巡回する人がいます
遠近の構図と、圧縮と
遠近の構図と、圧縮と 両方の効果をえる撮影にトライです。

新茶の芽
新茶の芽 そろそろ茶摘みの時期ですね。

さあ、富士山のご機嫌もよさそうなのでまだまだ粘りますよ

 

久しぶりにGWの撮り馬鹿隊です。合計5名参加です。4/31午後5時に静岡で4人集合して、後で山梨で1人合流です。

■富士宮市柚野鳥並(ゆの とりなみ)棚田
柚野鳥並棚田
柚野鳥並棚田 マジックアワーのブルーと田圃への映り込み。富士山に傘雲が見えます。
朝霧霊園の八重桜と富士山
朝霧霊園の八重桜と富士山 18分露出しました。

この時点で午後8時半、途中のセブンイレブンで、食事をして最終撮影ポイント兼合流地点に向かいます。
新道峠夜景
新道峠夜景 噂では駐車場が満杯という話でしたが、このときは自分たち以外の車両は1台だけでした。

さあ、ここからさらなる移動をかけて明日の早朝の撮影場所へ。
 

2時起きして、山中湖に富士山と桜を撮りに行きました。このタイミングでゆかないと山中湖と桜の写真はおそらく撮れないからです。
実際に、清水、富士、富士宮では富士山は見えず。朝霧でシルエットが右車窓から見えたような。山中湖着が4時半頃でした。

パノラマ台の紅富士
パノラマ台の紅富士 パノラマ台は駐車場が満杯。申し訳ないですが路上駐車に縦列駐車です。降りるとかなり寒い、防寒着を着てきて正解でした。三脚を据えてしばし立つと紅富士になりました。
山桜と富士山
山桜と富士山 パノラマ台の標高は1090mです。かなりの高度。よって桜が満開でした。紅富士と桜の構図を作っていると、続々とカメラマンが追随してきます。撮影場所を独占しないで譲り合って撮影します。

これ以上粘っても。時間を無駄にするような気がして、次の場所に移動します。
花の都公園のしだれ桜と富士山
花の都公園のしだれ桜と富士山 やや終盤のコンディションでしたが、なんとか撮影できました。先週も来ているんですが(そのときが最盛期ですごくきれいだった)、富士山が隠れてしまい残念でした。
凍えるタンポポ
凍えるタンポポ 静岡で4月後半で霜が降りるなんて想像がつきませんが、ここは標高980mの場所です。

満足して帰路につきました。

 

昭和の日、雨上がりの快晴。これは雲海が望める状況です。休日なので出かける一手でしょう。

夜明け前
夜明け前 ブルーアワーのかなたに日の出前のオレンジ色が美しいです。
雲海と朝焼け
雲海と朝焼け 到着時は午前4時前でしたが,4時まで富士山が見えていなかったらしいから、ラッキーです。
小焼け
小焼け 空がきれいなオレンジ色になってきました。

幸せな気分で家に帰りました。(他の地区では富士山が見えなかったため)

茶畑がきれいな新緑になる季節です。仕事で沼津に行く予定があったので早朝早く出て、撮影することにしました。

■笹場
静岡県知事室にここの写真が掲載されています。
笹場I
笹場I  茶畑にありがちな防霜ファンと電線のない場所。その代表的な場所の一つです。
笹場II
笹場II この場所は今年から電線が除去されたので新しい構図が撮れるようになりました。

■今宮
富士市今宮はもっとも有名な富士山撮影スポットです。2012年には、撮影禁止になった場所。いわくつきの場所ということになります。
笹場
笹場 富士山の見晴らしの良い場所としてはここがナンバーワンでしょう。

快晴茶畑
快晴茶畑 撮影を終えて、車に戻るときに、別の方に「ほかにどこかありますか?」と聞かれました。そういう場合は、丁寧にお教えするようにしています。

さあ、気持ちよく撮影を終えたら次はしっかり仕事です。

雨が降りました。翌朝おきてipadをみると富士山が出ていて、山裾から雲海がはみ出ています。これは撮影に行かねば。
茶畑の夜明け
茶畑の夜明け 雲海が見事です、なんとか日の出時刻に撮影場所に到着することができました。
新茶の新芽
新茶の新芽 この優しい緑色が好きです
復活の茶畑
復活の茶畑 この茶畑は昨年冬まで、放置されて荒れていました。これを借りて丁寧に復活した茶農家があります。
甲州に続く道
甲州に続く道 雲海の中から甲府と清水を結ぶ中部横断道路の効果が見えます。
茶畑のかなたに
茶畑のかなたに 雲海と富士山が見れます。

撮影できて幸せでした。

新倉山(あらくらやま)浅間神社には山上に忠霊塔という五重塔があります。ここから五重塔と桜と富士山がとれます。

■嵐のあとの撮影
嵐あとで撮影できるかと思いましたが、残念ながら朝霧で唯一、傘雲と富士山がとれただけでした。
朝霧高原での傘雲と富士山
朝霧高原での傘雲と富士山 大きなUFOのような三重の傘雲でした。
新倉山の桜と富士山
新倉山の桜と富士山 傘雲の同じ日の風景です。信じられないかもしれませんが、富士山と桜と忠霊塔を撮影できました。

しかし、夜景を撮影するつもりが、残念ながらゲームセット。富士山は左から来た雲に隠されてしまいました。

■4/16(土曜日) 出直し。00:30起床で再度新倉山まで。
日曜日は天気が悪そうです。撮り馬鹿隊のメンバーは都合が悪そうなのでじぶんだけでいってきました。
忠霊塔夜景
忠霊塔夜景 午前3時前忠霊塔着。残念ながら前夜から粘っている方々で1列目は埋まっていました。やむなく2列目の列に加えていただきました。しばらく夜景を撮影している富士山が隠れてしまいました。不安に思っていると夜明け前に富士山が見えました。

富士山のお出ましを待つ間、パトカーのサイレンの音を頻繁に聞きました。交通安全習慣ですからね。数日前も立哨する景観を見かけましたから。慎重に安全運転してきました。

清明、新倉山
清明、新倉山 桜にも忠霊塔に日が当たってきました。みなさん、満足のゆく風景が撮れたのではないでしょうか。

ここから河口湖によってから静岡に帰ることにしました。
河口湖円形ホール
河口湖円形ホールからの桜と富士山
産ケ崎あたりからの富士山と桜
産ケ崎あたりからの富士山と桜 途中、ルートインホテルでポイントを使い無料で食事しました。相変わらず中国人多いですね。

この日の観光客は午前10時まで富士山がきれいに見れたから満足されたことでしょう。

動画もどうぞ
美しい富士山が撮れて幸せです
 

facebookで河口湖の桜が満開なようです。撮影にいってきました。
円形ホールの桜
河口湖北岸で桜の撮影が今年もできました。
河口湖長崎地区の桜と富士山
河口湖長崎地区の桜と富士山 長崎地区は玄人好みの構図が作れるので知る人ぞ知る撮影スポットです。ただし駐車場がないので、他の車や別荘の住人、あるいは他の撮影者に邪魔にならないように空きスペースにそっと駐車です。
白雪のような桜開花
白雪のような桜開花 この枝ぶりが有名で、多くの腕自慢があつまる桜
桜の窓からの富士山
桜の窓からの富士山 額縁のような構図が作れます。この構図を見つけた後、ある写真集でプロが撮影されているのみました。

納得の撮影ができてよかったです。
 

冨士市の桜と富士山の撮影ポイントの次に富士宮市の桜を撮影しました。
■興徳寺
興徳寺は以前から桜と富士山の有名なポジションです。
本当は撮影する気がなかったのですが、なにげに撮影にゆきたくなりました。
興徳寺からの菜の花と富士山
興徳寺からの菜の花と富士山 黄色いじゅうたんの向うに富士山がみえて心浮き立ちます
興徳寺の桜越しの富士山
興徳寺の桜越しの富士山 ちょうど富士山が雲からぬけたタイミングで撮影できたようです。混雑も30分前までひどかったようですが容易に撮影で来て幸せ
興徳寺の春
興徳寺の春 少し雲が増えてきましたが御愛嬌です。

ここから芝川まで。
途中で観光バスと出会いました。狭い道で、すれ違うのに苦労しました。
■芝川内房
菜の花と桜を楽しめる場所
菜の花と桜を楽しめる場所です。タケノコ祭りももうすぐありそうな
川越しの富士山
川越しの富士山 昨年はピークの時に大雨だったように思いました。

ワンチャンスを活かせて幸せです。

 

今年は桜の季節に晴れがほとんどなく終わってしまいそうだったのですが、唯一晴れの日ができたので、撮影にでかけました。

■沼川
沼川の花桃
沼川の花桃 早朝の最初のポイントは沼川にしました。花桃と川辺の風景が撮影できる場所です。
撮影場所を譲り合って撮影します。
■龍願淵 桜の季節となればここでしょう
龍願淵からの桜と富士山
龍願淵からの桜と富士山 日の出になると桜に色がつきます。
龍願淵からの桜と富士山2
龍願淵からの桜と富士山2 橋の下で撮影するよりも橋の上の風景がすきです。

今年も撮影できてよかったです。
 

薩埵峠へハナモモと富士山を撮りにゆきました。そろそろではないかと思っていました。
ハナモモと富士山
ハナモモと富士山 まだ3分咲きですが、次に撮影に来れるチャンスがあるとは限りませんのでよかったと思っています
赤い花桃
赤い花桃 椿の花と一緒に撮りました。
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ かわいい青い花です。この花を見ると撮りたくなります。
桃の花
桃の花も咲いていました。
シャガ
シャガ 暗いところが好きな花です。峠道の脇にひっそりと咲いていました。
山桜咲く
山桜咲く とても小さい花をつけます。

青空と富士山が撮れてラッキーでした。

晴れ予報、前々日は雨であったため雲海を期待しました。場所は静岡市清水区吉原です。自宅から車でバイパスのって40分。

朝焼けと富士
朝焼けと富士 撮影者は私を含めて3人でした。しかし、残念だったのは雲海が少ないこと。でも朝焼けがきれだったのでシャッターを切りました。
茶畑の日の出
茶畑の日の出 普段なら撮りませんが、会心の作が撮れないととっちゃいます。
早朝の富士山
赤い時間。早朝の富士山 日が回って富士山や茶畑に光があたるようになりました。対岸の茶畑の防虫ネットが邪魔だな。雲海が薄いから仕方ないかな。

何回も挑戦します。

富士市で仕事があった際に、1時間早く出て早朝の富士山を撮ってきました。快晴で抜けが良い日でした。
■笹場
静岡県知事室に飾られているのがここの写真です。撮影場所は冨士市大渕地区です。ナビに「富士市芸術村」をセットするとたどり着けます。
笹場からの富士山
笹場からの富士山 もうすぐすると茶畑も新緑に染まり綺麗になることでしょうね。
笹場2
笹場2 なぜこの構図にしたかというと、いままでなかった防霜ファンが丘陵の上部に作られたから。
段々。撮りづらくなりますね。

■曾比奈
笹場より数キロ上部に登ります。ただここは少しわかりづらい。笹場からでて、いったん、元の道に戻りそこから北上します
分かれ道に勝亦商店という店がありますがその2分岐を左の方にゆくと正解。
曾比奈梅林と富士山
曾比奈梅林と富士山 今年は梅林が手入れされておらず、やや荒れていました。唯一構図をつくるとこんな感じ。
一昨年はもっとひどかった。昨年はその反省なのか選定されていました。来年は撮影できるのでしょうか。
茶畑と梅と富士山
茶畑と梅と富士山 新しく茶畑がつくられていました。梅の花を淹れて構図をつくりました。

時間にして笹場到着から1時間もたっていません。でも、撮影すべきものは撮れたので仕事にむかいます。
 

徳願寺が美しい季節を迎えたことを先週3/13に確認していました。それなりの写真は撮れていましたが納得できな部分があったので出直しました。午後から仕事でしたから、午前中早くに出てゆっくりと1時間かけて撮影しました。

徳願寺円山ピークの菜の花
徳願寺円山ピークの菜の花 こんなに美しい風景ですが、あまり写真を撮りに来る方が少ないので不思議です。

徳願寺、向敷地口の大花桃
徳願寺、向敷地口の大花桃 向敷地口からの登り口にある大花桃、きちんと整備すると凄く綺麗だと思いますが残念ながら野性のまま放置されています。
大花桃と富士山
大花桃と富士山 急坂ののり面からの撮影ですが、三脚は立ちません。手持ちの撮影です。
茶畑の貴婦人の桜
茶畑の貴婦人の桜 徳願寺の茶畑のある桜。3月13日の撮影です。地主の方がいらっしゃいましたので許可を得て撮影です。16日にいったときには葉桜気味になっていました。
茶畑の貴婦人・赤い櫻
茶畑の貴婦人・赤い櫻 花弁が朝日に透けて綺麗です
コブシ
コブシ 徳願寺、丸子口の降り口に咲いています。

春が静岡市に来たようです

沼津港で朝食を食べて、次は伊豆からの富士山撮影です。
■沼津市大平地区
JAなんすん大平支所
JAなんすん大平支所の菜の花畑からの富士山 ここは結構、鬼門。なぜなら沼津御殿場は雲が回りやすいから早くゆかないと曇ってしまいますから

菜の花とハチ
菜の花とハチ 折からの陽気でハチもうれしそうです

ここから伊豆西海岸に車を進めます。
■沼津市井田地区
この地区は昔戸田村だったのですが、最近、平成の合併で沼津市に編入されました
井田からの富士山
井田からの富士山 菜の花で文字を書いています。
井田から坂を下って、戸田港へ。そして戸田温泉に入った後、深海魚でランチを頂きました。

■だるま山高原からの富士山
だるま山からの富士山
だるま山からの富士山 ここはホワイトさんがレンズをとり落とした場所。夜景が綺麗な場所です

ここから修善寺虹の郷の梅林にいきましたが、駐車場300円とられましたが大外れ
殆ど梅林が終わっているのに駐車場代とってはいけません
 

早朝3時に起きだして、晴天であることを確認して、朝霧へ。途中の道。静岡、清水、由比、蒲原、富士、富士宮では富士山は見えず。でも、きっと朝霧に行けばいつものように富士山に出会うことができるはず。

案の定、田貫湖手前で右側に富士山の気配。でも今回はふもとっぱらがダイヤモンド冨士の場所。

でもふもとっぱらの手前で霧に囲まれました。ターンする場所はなし。終点までいって田貫湖に帰ろうと考えました。

すると・・
未明の天の川
未明の天の川 そう、この場所に来れば天の川もダイヤモンド冨士も撮影できることは計算済みでした。よく晴れていてくれました。先着が1人。かるく挨拶を交わします。
星たちの競演
星たちの競演 はくちょう座、琴座など、夏の星座目白押しでした。
夜明け前のシンメトリ
夜明け前のシンメトリー 逆さ富士と朝焼けが綺麗でした
雲海と裸木
雲海と裸木 もう既に日の出時刻ですが、ダイヤモンド冨士までは時間が30分ほどあるので、別の構図を撮影しました。
ダイヤモンド冨士
春のダイヤモンド冨士 春のダイヤモンド冨士はこの場所から始まり徐々に南下してゆきます。このころには撮影者は8名程度になっていました。先着者の顔も見えて知人であることがわかりました。


動画をどうぞ
青春のジャンプ
青春のジャンプ ゼミ合宿の学生たちと知り合いになりました。ダイヤモンド冨士と若者の躍動を撮影できました。

一期一会の撮影でした

homepage_bnr.gif

最近のコメント

ウェブページ